BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

ぽっかり空いた心の穴に愛が流れ込む…喪失と再生のBL6選

2020/08/16 11:00

心に響く深いストーリー&エモーショナルな濡れ場描写!



運命的に出会った相手に支えられ全てを失った心が癒されたり、傷ついた2人がお互いの傷を舐め合いながら幸せをつかんだり。じんわりと人生が再生していくような小説・コミックス計6作品ピックアップしました。
「絶望」からの「再生」というストーリー重視ですが、中にはエロしっかりめな作品も!

気分が落ち込んだ時にでもページをめくってみると、キャラクターたちとともにカタルシスを得ることができるかもしれません。

家族を失った2人が家族になる、群を抜いた子育てBL

コミックス『雛鳥は汐風にまどろむ』作:南月ゆう

 


あらすじ
事故で亡くなった姉の子供・歩を引き取り、海の見える町に引っ越してきた勇一。新天地での初めての子育てに悩んでいた勇一が出会ったのは、町で惣菜屋を営む元ホストの陵だ。ガッツリ胃袋をつかまれすっかり常連となった勇一に、「あなたのこと、もっとよく知りたいです」と口説くように囁やかれて…!?

おすすめポイント
一見子育てBLだ〜! という感じなのですが、一言で言って、魂の物語です。読後感がずっしりと重く、それでも爽やかさのある作品。ともに家族を失っていた勇一と陵、孤独を抱え愛情に飢えていた二人がお互いの話を聞き、心を触れ合わせながら新たな家族になっていくお話です。とにかく愛について語る一つ一つの言葉が深くて美しい。恋愛を通り越した愛を描いています。歩くんもかわいそうなところはありますがちゃんと救われていますし、何より可愛いです。

 

 

記憶喪失の不思議な青年が抱えるものとは

コミックス『海で拾ったきみに捧ぐ』作:サガミワカ

 


あらすじ
売れっ子作家から一転、スランプに陥った小説家・門倉清文。気晴らしに、近所の海辺を散歩中、全裸で倒れている青年を発見する。病院に運ぶが、なんとその青年は記憶を失っていた!! 青年の素性に好奇心を掻き立てられ、悪戯心で愛人契約を持ちかけると、なぜか青年は即答!! ――きみは一体、何者だ? 疑問に思いつつも、無邪気に懐く青年を『漣』と名付け、傍に置くことにするが!?

おすすめポイント
「事実は小説よりもなんとやら」。記憶を失ったのにどこか呑気な不思議な青年「漣」に、「ペット」と「愛人」どっちがいい? と聞く先生(清文)も、それに「愛人の方が人権ありそう!」と返す漣もなかなかやり手。エイリアンか子犬か、つかみどころのない漣に振り回されながら湧き上がる違和感を傍目に彼に執着して行きます。徐々に漣の葛藤に満ちた背景が明らかになって行きますが、そんな漣にかけた清文の言葉は、漣にはまさに「神様」の言葉のように思えたでしょう。
エロも濃厚です。先生の言葉責めがたまりません♥体を翻弄される漣も淫乱で、処女だったのに見事な誘い受けです!

 

 

死のうとした男を包み込む温かい愛

小説『ボナペティ!』作:月村奎 画:木下けい子

 


あらすじ
葉が最後の晩餐に選んだのは、近所のお洒落な小さいビストロ。そこにはいつも幸せそうに微笑む店主がいて…? 甘くて切ないロマンス♡

おすすめポイント
天涯孤独の中、行きている意味がわからなくなり、死を選ぶことにした葉が訪れたビストロ。本当に素敵なレストランで、こんなお店に行きたい…と思わせる描写! 風邪でしばらく食べ物をろくに口にしていなかった葉は倒れてしまい病院に運ばれますが、診療代を持ってくれたのがビストロ店主の瑠可。まずは金銭的な面で死ぬわけにはいかなくなった葉でしたが、そこから瑠可の店で住み込みでバイトをすることになり…。一度は死を選ぼうとまでした葉が温かく迎え入れられた新しい生活は、幸せで読んでいて涙が出そうになります。包容力のある瑠可との年の差ラブに萌えます。

 

 

全てを失った貞操観念バグ男が愛で満たされる

コミックス『今はセックス以外したくない』作:藤峰式

 


あらすじ
お金もなく空腹で途方にくれていたつづりを偶然助けてくれたのは、元ホストでラノベ作家の入日だった。つづりはクズな元カレのせいで貞操観念が低く、一宿一飯のお礼に性的奉仕をしようとする。ドン引く入日にこれしかできないからとのっかるつづり。ところが入日とのセックスは今までと違い、ものすごく気持ちが良かった…。それからというもの入日との自堕落なセックスに溺れていくが――?

おすすめポイント
初っ端からかなり受けのつづりが不憫です…。見ず知らずの自分に優しくしてくれた入日に「必死ですよ! だって…今の俺にはこういうことしか出来ないんですから!」とカラダを差し出したり、捨て犬を拾って「セックス以外にやることができた!」と喜んだり、節々に闇を感じる拗らせ方をしている模様。入日とのセックス中も、脳味噌溶けて無くなっちゃえばいいなあ…とどこか切ない心情が描かれますが、心も体も愛で満たされてゆき、最後はちゃんとスカッ◯JAPANです。入日の包容力が半端ない!

 

 

二丁目にて、ドラマティックな再会と再生の物語

コミックス『きっと、幸せな結末』作:麻生ミツ晃

 


あらすじ
ろくでもない男ばかりに引っかかるバーテンダーのすみれは、幸せを諦めて生きている。親とも疎遠で、寂しさにも慣れているはずだった。けれど遠い親戚の大学生・佑真と再会し懐いてくる彼と過ごすうち、佑真との時間に安らぎを覚えていく。一方、佑真はすみれへの想いを強くしていき――。せつなく愛しい年の差ロマンス。

おすすめポイント
表紙をご覧の通り、絵が繊細でとにかく美しいです。雰囲気に浸れます! ほとんど初対面ような親戚で高校生だった佑真がすみれの元に転がり込み、2人でたった6日の不思議な時間を過ごし、佑真が秘密を打ち明けーー1度ロマンスは終わったかのように見えます。しかし再開してからが本番。すみれの傷も明らかになっていき、ドラマティックに物語は展開していきます。薄暗い部屋で結ばれる2人の営みの美しさに涙…! 読後には映画を見終えたような満足感があります。

 

 

ドロドロ裏社会から駆け落ちた2人の「夜明け」

コミックス『トキシックハニー』作:あめのジジ

 


あらすじ
政治家秘書の理人は、ある高級秘密クラブで甘い香りに誘われ、快楽を増殖させる“毒”を持つピンク髪の男娼・蜜月を強引に抱いてしまう。彼が忘れられない理人はエリートの地位を捨て、別の人間としてクラブに舞い戻り、黒服として働くことになるが…!?

おすすめポイント
順風満帆にエリート人生を送っていた理人は、秘密クラブで政治家のアブノーマルな秘密を知ってしまい、破門されます。またそこで出会った蠱惑的な男娼を忘れることができず、いっそ全てを捨てて彼の元へ戻ることに。触れたら犯してしまいたくなる「毒」を持つ男・蜜月にも暗い背景があって…血なまぐさい展開の果てに2人が見た美しい「夜明け」は象徴的です。辛い展開が続くのでラストの感動はひとしお。幸せになってからの2人が見たい…!

 

********


いかがでしたでしょうか。今回は「再生BL」ということでスト重で選ばせていただいたつもりですが、そんな物語のエロシーンはひときわ美しかったりします。ぜひお手にとって、その物語世界に浸って見てください!

担当BLソムリエ:廣井無名
完全には幸せになれないCPが好きな漆黒の闇の腐女子。キーワードは死ネタ、愛のないSM、流血、狂気、宗教、叶わない恋など。

関連作家・声優

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP