BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

【10年前の名作】令和の10代腐女子がBLアワード2011の名作を読んでみたの会【当時何歳…?】

2021/11/28 16:00

表紙は見たことあるけど…時をかける名作BLを再布教(使命感)




BLアワード2022が目前に迫った2021・冬。
毎年この季節になると、今年生み出された名作や来年誕生するであろう名作を想って涙が出てきます。

そんな情緒全壊クソBL狂いこと筆者ですが、先日ちるちるオフィス内で胸痛む井戸端会議に参加しておりました。

筆者「ここ10年で、BLの流行もかなり変わりましたよね」
若者「そうですね。10年前のアワード作品、読んだことないですもん」
筆者「へえ~……ん???????????????????????????」

そうなのか……(絶望)。
10年前、胸をときめかせ涙を流し崇め奉った名作たち。発売当初はBLどころかランドセルを背負っていた令和のイケイケ女子からしてみれば、なかなか触れる機会がない存在になってしまっていたのです。

確かに絵柄、テイスト、執筆陣など見てもかなりクラシカル。しかし、これはあまりにももったいない事実。
これはやるしかねえ、「古の名作BL再布教アワード2021」をよ……!

ということで、今をときめく10代のちるちる記者たちに読んでいただきました! BLアワード2011トップ10の作品たちを!

どんな感想が生まれ、どんな化学反応が起きたのか……必見です!

◆目次◆
10年前の名作を読む、イカした仲間たちをご紹介

BLアワード2011コミック部門を振り返ろう

いざ実食! 2011年を彩ったBL作品たち

 

10年前の名作を読む、イカした仲間たちをご紹介

 

まずは、今回協力してくれたちるちる記者二人をご紹介! 二人とも、今の流行りを追いかけ追い越す(?)レベルの令和BLファンでございます……!

担当記者:キウイ
シリアスからの溺愛が大好物な自称・夜明けの腐女子。受けが苦しめば苦しむ程、愛が強くなると信じている。共依存モノに夢中。

 

担当記者:らいむ
光さえあれば生きていける、幼馴染・ヤンキー狂いの光の腐女子。最近はライトとエロを交互に読む背徳感にハマってる。

 

BLアワード2011コミック部門を振り返ろう

 
次に、BLアワード2011に並んだ作品たちをご紹介いたします。あなたはいくつ読んだことがありますか……?(震え声)



我々のいろんな記憶を呼び覚ますラインナップ……ウッ、頭と涙腺が……。
感傷に浸りたいところですが、さっそくお二人に読んでもらいましょう~!!!


いざ実食! 2011年を彩ったBL作品たち


いざ、10年前の名作へ立ち向かう二人。背中がまぶしいぜ……。
ちなみに2011年は、まだシリーズ部門が独立していなかったころ。なので、シリーズものの名作が続々ランクインしております。とはいえ「じゃあ3巻読んで」と渡したところで、ストーリーをつかめるわけがありません。
ということで、今回シリーズものは第1巻のみ読んでいただいております!

そして感想だけでなく、【のめり込み度】【斬新さ(今っぽさ)】【古き良きBL感】【性癖に刺さる】【心のしんどさ】の5項目を5段階で評価してもらいました! 流行に敏感な10代腐女子の忌憚ない感想、聞きたいような聞きたくないような……(ごくり)。

また、ときどき筆者(たまち)の心の叫びがサブリミナル的に差し込まれます……何卒ご容赦ください……。


◆2011年度第1位! 大ベテランのハピハピラブコメ

鮫島くんと笹原くん作:腰乃

 

 

STORY
大学の同級生でバイト先も一緒の友人・鮫島くんに告白され、足の指まで舐められた笹原くん。スルーを決め込めばちゃんと自覚しろなんて強気で攻められ、受け入れようとすればヘタレで逃げ出す鮫島くんに、もう笹原くんはイライラドキドキムラムラ……!? ドタバタな2人が賑やかに贈るハッピーラブコメディ、cabの人気連載作が待望のコミックスになって登場!

 
【のめり込み度】★★★★★
【斬新さ(今っぽさ)】★★★
【古き良きBL感】★★★
【性癖に刺さる】★★★★
【心のしんどさ】★

きうい 腰乃先生作品を読むのは9位のあっちとこっちと合わせて2回目なのですが、感情すべてを詰め込んだ会話とボケツッコミがめちゃくちゃ面白かったです。
腰乃先生にしか書けない空気感と笑い、天才でしかないですね……なんで今まで読まなかったんだ……。
男同士の恋愛に対するハードルや感情表現がリアルすぎて脱帽です。そして、初心で可愛い二人に萌え滾りました♥

たまち う~~~~~ん分かる!!!!!!!!(クソデカボイス)
腰乃先生といえば、アワード2021にも滅法矢鱈と弱気にキス 1で4位にランクイン。10年間、BLファンの心は腰乃先生に掴まれっぱなしです。
満点大笑いなギャグテイストなのに、しっかりえちえちでたまにほろりと来る腰乃作品、全ての人にお勧めしたい……!


◆映画化も果たした屈指の名作♥ 納得の第2位

花は咲くか(3) 』作:日高ショーコ

 

 

STORY
無愛想な美大生・蓉一に惹かれはじめた桜井は、思わず蓉一にキスを。蓉一もまた桜井への恋を自覚し、次第に変わっていくが…。

 
【のめり込み度】★★★
【斬新さ(今っぽさ)】★★
【古き良きBL感】★★★★
【性癖に刺さる】★★
【心のしんどさ】★★★★

きうい 近年のBLは、恋愛のみに焦点を置いているものが多いように感じます。なので、本作のような登場人物も多く、リアルな日常が描かれている作品は新鮮に感じました……! 伏線が散りばめられていて、とても面白かったです!
会うとすぐ喧嘩してばかりだけども、妙に惹かれあう二人の関係性が今後どう変化していくかが気になりました。めっちゃ焦らされそう……(笑)。

たまち 分かる(分かるしか言ってない)。
日高ショーコ先生といえば、作りこまれたストーリーとキャラ、丁寧な心理描写。心にストンと落ちてくるような魅力がたまらないんです……! その分この作品はゆったりと物語が進んでいくので、焦らされることすら魅力だと思って読み進めてください♥



◆超有名小説家×大人気漫画家の最強”さいつよ”タッグ!第3位

キャッスルマンゴー(1)』原作:木原音瀬/作画:小椋ムク

 

 

STORY
原作・木原音瀬×作画・小椋ムク!!ファン待望の最新刊! いよいよ登場! 自宅がラブホテルの万(よろず)は、ある日AV撮影の為に やって来た監督の十亀(とがめ)と出会う。初日から男優と間違えられたりズボンを下ろされたり、とにかく印象は最悪! しかもゲイだと公言す十亀が弟の悟と仲良くなっていくのが気になってしょうがない。心配した万は十亀を弟に近付かせない為に、ある行動をとるのだが…。ラブホテルを舞台に、2人の物語が今動き出すーー!

 
【のめり込み度】★★★★
【斬新さ(今っぽさ)】★★★★★
【古き良きBL感】★
【性癖に刺さる】★★★
【心のしんどさ】★★★

きうい 私が読んだ中では、一番今っぽい描き方で読みやすかったです! 印象最悪の初対面から、居心地の良い関係に変わっていく過程が好みです。眼鏡優等生は太古の昔からツンデレ受けなんだと確信しました……!(偏見)
拗れまくっていますが、なんとか幸せになってほしいです……!

たまち 木原先生原作ということで、構える方も少なくないかもしれません(小説で幾度となく殺された人間)。しかし、物語と小椋先生の絵柄がうまくマッチしていい感じ(語彙力)になっているんですよね……! 今も読み継がれる、考えさせられる名作です。


◆第4位:きゅんすぎ注意報!ケンカップルの愛おしBL

飴色パラドックス(1)』作:夏目イサク

 

 

STORY
週刊誌記者の尾上は、異動先の張り込み班でカメラ担当の同期・蕪木とコンビを組むことになる。密かにライバル視していた相手である上、スクープのためなら手段を選ばない蕪木のやり方が正義感の強い尾上には納得できず、最初は衝突ばかり。けれど共に事件を追ううちにお互いが気になり始め……? 話題のケンカップル登場!

 
【(作品としての)おもしろさ】★★★★
【斬新さ(今っぽさ)】★★★★
【古き良きBL感】★★★
【性癖に刺さる】★★★★★
【心のしんどさ】★★★★(胸キュンののしんどさ)

らいむ お互いがお互いにハマって沼落ちしていくアリ地獄みたいな感じが、見ていてとても面白かったです!
尾上くんの隠しきれていない好きや、その駄々洩れの感情を見て愛おしさを募らせる蕪木に終始きゅん祭り開催中でした。


◆第5位:日高ショーコ先生2作目! 切なさ極める禁断の主従BL

憂鬱な朝(3)』作:日高ショーコ

 

 

STORY
佐条公爵家の令嬢との婚約話が進行中の暁人。折に触れ、房子を訪ねながら、桂木に黙って当主権限を使い始める。また、友人・石崎の父親に面会し、媒酌人を依頼する。ところが石崎は、「今後の援助を惜しまない代わりに、桂木智之が欲しい」と難題を突きつけてきて……!? 美貌の家令と若き子爵が織り成す、クラシカル・ロマン最新刊!!

 
【(作品としての)おもしろさ】★★★
【斬新さ(今っぽさ)】★★★
【古き良きBL感】★★★★★
【性癖に刺さる】★★★
【心のしんどさ】★★★★★(辛いのしんどさ)

らいむ 受けの桂木が攻めの久世に対して、どういう身の振り方をするのかがすごく気になるポイント! 早く続きが読みたくなっちゃいました……!
冷たくされても諦めていても、「桂木しかいないから」と超絶不器用に、ひたすら一途に想う久世にキュンキュンが止まらなかったです♥


◆あまあま切ない年の差(義)兄弟BLが第6位!

SUPER LOVERS(3)』作:あべ美幸

 

 

STORY
「お前が望むなら、俺はただの『弟』でいる」と血の繋がらない末っ子・零に宣言された長男・晴でしたが…?

 
【(作品としての)おもしろさ】★★★
【斬新さ(今っぽさ)】★★★
【古き良きBL感】★★★★
【性癖に刺さる】★★★★
【心のしんどさ】★★★(二人の過去がしんどい)

らいむ 零が懐いていく過程がきゅんすぎておかしくなりそう(笑)。心も身体も成長していく過程を見ているという事実に感動を禁じえません……!
優しすぎるがゆえに自分を後回しにする晴と、自分を出せなくて不器用に接してしまう零。真逆のようで似ている二人が推せます~!

たまち そうなんです……そうなんですよ……。お兄ちゃんDXみたいな晴と、野性味1000%の訳あり少年・零の不器用な関わり合い方、もう最高に尊い……! 二人の物語は今15巻まで発売されているので、ぜひぜひ沼ってください~!(ダイマ)


◆第7位:知名度1億%! 出版社で繰り広げられる大恋愛BL

世界一初恋 ~小野寺律の場合(6)~』作:中村春菊

 

 

STORY
好きになるのに「理由」はない。ーーーそんなの絶対あり得ない! 出版社・丸川書店に勤める新米漫画編集者の小野寺律の上司は「初恋の人」で「元恋人」でもあるエメラルド編集部の敏腕編集長・高野政宗。ある日、営業部の横澤隆史への反発から思わず高野のことを「大嫌い」と言ってしまった律は、タイミング悪くそれを高野本人に聞かれ動揺する。高野を再び好きになりつつある自分を自覚した矢先の出来事ーーー。一方、その一件をきっかけに高野は横澤との関係にある結論を出すが…⁉︎ 敏腕編集長x新米編集者が贈る、編集者が青ざめるほどちょこっとリアルな出版業界ラブ♡ 高野の視点で初恋を語る「高野政宗の場合」&描き下ろしも収録!

 
【(作品としての)おもしろさ】★★★★★
【斬新さ(今っぽさ)】★★★
【古き良きBL感】★★★
【性癖に刺さる】★★★★★
【心のしんどさ】★★★★★(胸キュンのしんどさ)

らいむ 今まで見てきた中で、一番好きな再会の仕方でした! 性癖クリティカルヒットすぎて、今まで読まなかった自分を殺してやりたいとさえ思います……!(過激派)
強引さや一生懸命さが心に染み込みました……♥ 政律最強です。恋に落ちるまではもちろん、その後の二人も見守り隊を結成します。


◆第8位:BL史に残るレジェンド・オブ・スパダリ

ファインダーの熱情 (初回限定小冊子付き)』作:やまねあやの

 

 

STORY
「オレたちは住む世界が違いすぎるんだ」裏社会の美しき実力者・麻見とフリーカメラマン・秋仁。心をとらえて離さない存在……しかし立場も生き方も違いすぎると悟った二人は!? 描き下ろしマンガを収録した初回限定小冊子付き! 100万部突破の超人気シリーズ、遂に待望の新刊登場!!

 
【のめり込み度】★★★
【斬新さ(今っぽさ)】★
【古き良きBL感】★★★★★
【性癖に刺さる】★★★★
【心のしんどさ】★★

きうい 花男おたくだったので、昔の少女漫画みたいな絵柄とコマ使いに懐かしさを感じました。ちょっと痛々しくも官能的なえちが良かったです! 表題作が秒で終わってしまい、今後の展開が気になりすぎたのでまとめ読み決定です(笑)。
同時収録作の中では、『恋する植物』と『ラブレッスン』が個人的に刺さりました!

たまち 作品選びの時、「どれが一巻だったか……はて……」とまさかの私がド忘れしてしまい恥をかきました(反省)。古来より続くスパダリティ溢れる男・麻見とやんちゃなカメラマン・秋仁の出会いを描いた超ロングセラー伝説作品! 裏社会、監禁、スパダリ、敵対関係……。元祖腐女子欲張りハッピーセット……。


◆第9位:腰乃作品2作目ランクイン! フェンス越しの爆笑ラブ

あっちとこっち』作:腰乃

 

 

STORY
罰として学校の花壇の世話をする事になった中島くんは、フェンス越しに出会ったリーマン・松坂さんとめでたくお付き合いする事に。しかし驚異的なツンデレを発揮する松坂さんのせいで、中島性少年、お世話したり理性と喧嘩したり、大暴走して大騒ぎ!? 男の臆病な"心のフェンス"をラブと欲望で飛び越えろ! 描き下ろしつき!

 
【のめり込み度】★★★★
【斬新さ(今っぽさ)】★★★
【古き良きBL感】★★★
【性癖に刺さる】★★★★★
【心のしんどさ】★

きうい 台詞使いがめっちゃ好きです! 予想以上の読み応えで、満足感と驚きがたっぷりの読後感でした。文字数がとにかく多いのですが、終始捧腹絶倒のギャグ展開でおなかが痛い……。
しかもお腹が痛いだけじゃなくて、松阪さんの行動がいちいち可愛い! きゅんの嵐です♥ 初々しくて不器用で、ぴったりハマる二人が大好きです!


◆第10位:新人部門とのダブルランクイン! 性癖ゆがめる衝撃デビュー作

秋山くん』作:のばらあいこ

 

 

STORY
ずっと好きだったんです。助けてもらったあの日から――。不良グループの秋山君に恋した、草食系男子・柴。思い余って往来で告白した流れで取り巻きに拉致られ、柴も秋山も思いもよらぬスゴイ展開に!? おふざけで始まったカンケイだけど、次第に互いの心が通い始めて――。カゲキな描写にもドキドキしつつ、人と想う青く真っ直ぐな気持ちにあなたの心もキラキラで満ちる。業界期待の実力派・のばらあいこ初コミックス!

 
【のめり込み度】★★★★★
【斬新さ(今っぽさ)】★★★★★
【古き良きBL感】★★
【性癖に刺さる】★★★★★
【心のしんどさ】★★★★(胸キュンのしんどさ)

らいむ 性癖をどつきまくってきて大変でした……! 柴君と秋山君の主従関係が描かれているのかと思いきや、秋山君がズブズブ深みにハマっていく感じにゾクゾクが止まらず、最初から最後まで楽しかったです(笑)。
「憧れ」や「軽蔑」などのオタク大歓喜キーワードと青春が溢れつつ、えちえちたっぷりだったので潤いました! えっちなヤンキー、我得でしかない……♥

たまち 衝撃の連続に頭をやられながら読み終えたと思ったら、読者もすでにズブズブ……! 過激なのにどこか胸にくるものがある、のばらあいこ先生節炸裂の本作。商業デビュー作という事実も忘れてはならない……。

*******

以上がフレッシュ10代腐女子の率直な感想です。思ったよりもかなりの好感触……!(謎の自信を取り戻す筆者)
これで「名作は何年経っても名作」という説がまた立証されてしまった……やったぜ……。

これらの作品がバイブルという方にとっては、帰省したかのような安心感あるラインナップだったのではないでしょうか!
かつての名作を読んで”あのころ”にタイムスリップしてみるのもいいかもしれませんね♥

とはいえBLアワード2022への準備も忘れずにお願いいたします~~~!!!!!!! 何卒!!!!!!!!

※11月28日:初出時より記事内容に誤りがございましたので、修正いたしました。ご混乱をお招きし、大変申し訳ございません。
 

担当BLソムリエ:たまち
あほえろと鬱を交互に摂取してバランスの良い生活を送っています

 

 

関連作家・声優

コメント4

投稿順 | 最新順

匿名4番さん(1/1)

セカコイカプは高律で浸透してるものだと思っていたので政律と書いてあって一瞬わからなかった。確かに初見だったら名前側の文字を取るのが普通なんですかね。

匿名3番さん(1/1)

一言で10年前と言っても、リアルタイムで読んで無くて、最近読んだけど、なるほど古いと感じたものや、全然旧さを感じない作品もある。「10年前のアワード作品なんて読んだこと無いですもん。」なんてもったいないですよね。

匿名2番さん(1/1)

ホントだ!「花は咲くか」がそんな話だとしたら、ビックリですね。

匿名1番さん(1/1)

「花は咲くか」のstory間違ってるのでは?

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP