BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

“首絞めプレイ”が気持ち良いのはなぜ?快楽のメカニズムを調べてみた結果…

2021/10/09 16:00

2022/05/20 18:00

得られる快感は薬物レベル!?ハマる理由とは



受けの苦しむ顔を見たい党の皆様御用達、「首絞めプレイ」。

SMプレイでしか縁がないと思われがちな“首絞め”ですが、起源はなんと17世紀前半にさかのぼる、歴史ある由緒正しいプレイの一つです(?)。ちなみに当初は勃起不全(ED)の治療を目的として行われていたんだとか。
そんな歴史あるプレイですが、愛好家が二次元・三次元問わずたくさんいるということはとっても気持ちイイものなのでしょう。

……なんで……?

そう、私たちは首絞めプレイに夢中になるあまり、「人はなぜ首絞めプレイで快感を得てしまうのか」という疑問を忘れてしまっていたのです。
何をどうすればあんなに骨抜きにされてしまうのか、なぜ首絞めの"""呪縛"""から逃れられない受けが増えてしまうのか……。

今回は人類永遠の課題とも言える、「首絞めプレイ」のメカニズムを大調査♥
正しい知識をつけて、清く正しく推しカプの首絞めプレイを見守りましょう!

※BL作品内での表現・描写に関する検証です。医学的な情報の参考にされたい場合や、実際に何らかの症状があらわれている場合は、専門家の方へご相談ください。実際の行為においては然るべき注意等を参照し、危険性をご留意ください。

 

◆目次◆
1.首絞めプレイのルーツを探ってみる
2.清く正しい首絞めプレイの原理
3.安全第一! 首絞めの正しい方法を学ぶ
4.首絞めプレイが楽しめる!至高の3作品

 

 

文字通り、致している最中に首を絞めることでさらなる快感を得るのが「首絞めプレイ」。冒頭で紹介したように、その起源は17世紀前半にまでさかのぼります。
文献によると、絞首刑に処された受刑者が死後も勃起していたり、絞首台にかけられたときに射精していた(!?)と報告されていたとか。そこから転じて、勃起不全(ED)の治療法として使われていたのです。

しかし、これらの原因は死亡時の筋肉の弛緩によるもの。現在人々が楽しんでいる「首絞めプレイ」とは違う原理で起こる現象なのです。

では、プレイとして親しまれている首絞めのメカニズムとは……?

 

 

「首絞めプレイ=息ができなくて苦しい、でもそれが気持ちイイ♥」と思っている方は多いと思います。筆者もそう思っていました。

ですが、実は違うんです!!!!!!  

いわゆる「首絞め」の際には喉仏のあたりを絞めると思うのですが、そこには頚動脈洞(けいどうみゃくどう)という部位があります。ここには血圧の上昇を感じる機能があり、ここをグイッと圧迫すると脳は勝手に血圧が上昇したと勘違い。必死に血圧を下げようとする=心拍数も下がり、頭がくらっとする……というメカニズムだそう(※諸説あります)。

そして意識がもうろうとしたままおせっせに臨むと、快楽物質が分泌されてそれはもうめちゃくちゃに気持ちよくなっちゃうんです……♥  意識はふわふわとろとろ、その上ごりごりピストンされてもう大変。

一説によると、首絞めプレイで得られる快感はコカインと同レベルなんだとか……薬物レベルの快感ってなに……? (喜)

 
さて、原理が分かったところで正しい方法を学んでいきましょう!

(1)頸動脈の場所を確認する


男性だったら喉仏、女性だったら喉仏と同じように、触るとゴツゴツする場所があります。狙いはその両隣!
左右それぞれに血管があるのですが、それが頸動脈です。

(2)ルールを決める

呼吸は止めないとはいえ、脳に血液と酸素がいかない状態が長く続くと大きなダメージを受けてしまう恐れがあります。
首を絞める時間を〇〇秒以内にする、本当に苦しいときのためのサインを考えるなど、安全に最大限配慮した首絞めプレイを行いましょう♥

(3)首を絞める

頸動脈の位置が分かったら、いよいよ首を絞めます!

使うのは、親指と人差し指の腹の部分。手を首に添え、指の腹にだけ優しく力を入れましょう。あまり強く力を加えなくても、十分効果は発揮されるので大丈夫です!
また、絞めるのは片方の頸動脈だけ。両方絞めてしまうのはリスキーなので、力加減を意識してくださいね!


絶対にやってはいけないのは、喉仏や首全体を思いっきり圧迫したり、首の骨に触れたりすること。呼吸ができなくなる、気管や首の骨を傷つけるなどの重大事故につながる恐れがあるんだそうな。
事実、首絞めプレイでの死亡事故例もあるらしいです……こわ……。

 


ハイリスクハイリターンな首絞めプレイ。しかし、ルールを守って楽しめばとっっっっっても魅力的♥

ということで、首絞めプレイが楽しめる3作品をご紹介! 首絞め沼にさあドボン!!!!

背徳感がたまらない! 獣みたいな二人の恋の行方は……!?

けものあそび』作:もちの米

 

 

【あらすじ】
お坊ちゃん育ちの飛鳥井翼(ルビ:あすかい つばさ)は、痛みに興奮するという悩みを抱えていた。自分の性癖を受け入れられず悶々と過ごす中で出会った白尾将輝(ルビ:しらお まさき)は、相手が誰であろうとためらわず無感情のままに暴力をふるう男だった。将輝なら欲望を満たしてくれるかもしれないと思いストーキングを始めた翼は、ある夜待ち伏せていた先で将輝に無理矢理にホテルに連れ込まれ――。


”””お坊ちゃん生まれお坊ちゃん育ちの厳しい父を持つエリート音大生”””、闇がないわけないのよ……美味……。

道を踏み外してそうな暴力男子×「殴られたい」という王子様風エリートドM音大生、ミスマッチすぎてマッチ感がすごい!!! (?)
顔面に蹴り一発というアチアチな展開からスタートし、ストーキングやら首絞めやら特盛り最大級の興奮があなたを待っています♥ 特に、「首を絞めて」とねだる翼が煽情的すぎてあかん……。あかん(二回目)

しかし、それだけで終わらないのが本作。翼の家庭環境や将輝の元カレなど二人を取り巻く問題も特盛りなんです……!
歪にも見えた二人の関係はどうなっていくのか……性癖的にもストーリー的にも大満足です♥


裏社会バッチコイ! 痛くて深いズブズブ沼BL

花の芥』作:桐式トキコ

 

 

【あらすじ】
その男は、狂惡で孤独で美しい。蘇我組の若頭を務める椿木。その正体が潜入捜査官であると知りながら隣に置く組長の加白を、椿木は自分の「よき理解者」だと思っていた。椿木の狂暴で異常な本性を受け止め、暴力的な衝動や欲求はセックスで発散させてくれるから。しかし、加白自身は何を考えているのかわからず、何も教えてはくれない。そのことが気になりはじめた椿木は、彼のことを探りだして……「利害関係なく僕を抱かせてやるのはお前だけだ――」桐式トキコが描く、潜入捜査官×極悪非道ヤクザの狂愛BL。


いたたたたたた……えちちちちちち……(鳴き声)
アングラダークなヤクザもの好き集合~~~~~!!! ヤクザ様のおもちゃに収録されていた読み切りの続きがこちらですよ~~~!!!

蘇我組の若頭をつとめる椿木は、実は潜入捜査官。しかし、あるきっかけから自らの狂気じみた暴力的な本性に気付いてしまいます。そんな彼を受け入れたのは、なんと組長の加白……!?

寡黙な椿木の凶暴な本性も、そんな椿木を受け入れて身体を重ねる加白もどっちも性癖に刺さりすぎる……。首に指を這わせる仕草、江戸エロしぐさじゃん……(?)

流血注意の読む人を選ぶ作品ではありますが、ヤクザ大好きオトナの世界大好きな方には自信を持ってオススメします♥


ギャップにやられる♥ 甘えん坊DV男×妖しい魅力のウリ専

甘える首輪』作:粉子すわる

 

 

【あらすじ】
人気モデルの久保田鈴(くぼたれい)は可愛い顔をして実は…セックスの最中に相手の首を絞め、その痕を見るのが大好き。しかしある日、週刊誌で元カノにDVを暴露されてしまう。叱られると素直に反省するものの、一向に素行が良くならない鈴。それに見かねたマネージャーはストレス発散場所としてデリヘルで働く「何をされてもOK」なウリ専・みよしをあてがった。初めて会った瞬間、肌も髪も真っ白なみよしに鈴は見とれ、すぐに懐くが…。表題作のほか、不倫と三角関係を描いた[揺れて、ふれるまで]を収録した大人でビターな中編集。 


セッ中に首絞めてその痕を見るのが好きな天然わんこDVモデル……(!?)

”DV男”と週刊誌に載ってしまったモデル・鈴と「なんでもOK」デリヘル・みよしの関係性が描かれているのですが、これがめちゃくちゃ良いんですよ……。

「首を絞めたい」という欲望に忠実すぎる鈴は、もちろんみよし相手にも好き勝手なセックスをします。しかし、段々「みよしも他の人と同じように離れていくのではないか」と考えるようになって……。

はあ~~~~~~~~~~~めっちゃ好み……どうしよう……(どうしようとは)。風俗の客とキャストという関係のはずなのに、それ以上の何かが見えてくるんです……。

仄暗くてアンバランスな雰囲気から目が離せない!!! 首絞めプレイを存分に楽しめる、至高の作品です♥

******

今回は首絞めプレイについてご紹介しました♥
普段当たり前のように享受している萌え、実は命を懸けた崖っぷちプレイだった……。正直に言いますと、その事実にさらに興奮してしまう自分がいます(最低)(業深人間)

とはいえ、危険と隣り合わせなのは間違いありません。
生殺与奪の権を他人に握らせないためにも、用法容量を守って正しく首絞めプレイを楽しみましょう!

担当記者:たまち
あほえろと鬱を交互に摂取してバランスの良い生活を送っています

 

 

関連作家・声優

関連外部サイト

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP