BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

「BLっぽいタイトル」ってどんなの?大真面目に考えてみた

2021/08/27 12:00

愛の囁き型、ボカロ型、パワワ型…タイプ別に作風との関連性も分析

 


以前、Twitterで「BLっぽいタイトル選手権」なる遊びを見かけまして。そういえば、なんとなく「BLっぽいタイトル」ってあるよなぁ……。と改めて思いました。BLって、「それ、どういうこと?」と深い意味を知りたくなってしまうタイトルや、CPの属性が分かりやすいもの、ド直球にエロワードを連発している……などなど、思わず手に取りたくなるタイトルが多いですよね。

でも、果たしてBLっぽいタイトルとは……?(具体的には言語化できないモヤモヤ)
と、すっかり「BLっぽいタイトル」が気になってしまった筆者は、BL作品によく見かけるタイトルのパターンを分析してみました!
そして調査を進めていくと、タイトルのパターンと作風にはおおよその共通点があることが発覚! こちらも考察してみたので、併せてチェックしてみてくださいね◎


タイトルだけでエモいよぉ……意味深ポエム型

 
ヨネダコウ先生『囀る鳥は羽ばたかない』シリーズや水城せとな先生の『窮鼠はチーズの夢を見る』、禊ケリ先生『狂い鳴くのは僕の番』、おげれつたなか先生『錆びた夜でも恋は囁くなど、タイトルだけでウットリしちゃう♥

「〇〇は〇〇する」の〇〇にどんなワードを入れるかが腕の見せ所。ぱっと見、詩的で難解なタイトルもあり、一体どんなお話なんだろう? と興味を掻き立てられます。

このタイトルのパターンは抒情的、骨太シリアスなテイストの作品に多い傾向が。確かに限られた文字数ながら、重厚な人間ドラマを予感させます。小説のタイトルもこのタイプが多いかもしれません!

 

異世界ではツンなあいつがデレに!? 意味深有能タイトル

俺の有害な異世界』作:新本浦子

 


有害な異世界って何だろう? 何とも意味深で引っかかるタイトル。あらすじと合わせて見るとなんか異世界転生のラノベっぽい? と思うのですが……とりあえず読んでくれ、話はそれからだ。タイトルと表紙とあらすじと帯とが総出になって騙してくる名作なのです。

主人公・優一が事故にあってオメガバースの異世界に迷い込みαになってモテモテに!? というストーリーで、普段ツンツンだった犬猿の仲のミキくんが、異世界ではΩで優一にメロメロという混乱をきたすありえん可愛さ。クライマックスまで読んでタイトルに戻りアハ体験してください♪

 

誰から誰への言葉なの〜!? ドキドキ愛の囁き型

 
くれの又秋先生『手中に落としていいですか』、凪良ゆう先生『おやすみなさい、また明日』、倉橋トモ先生『トモダチ以上のこと、シたい。』など、受け→攻めor攻め→受けの愛のセリフや心の声にキュンキュン♥ 実際に作中で使われている台詞だったりすると爆湧きしますよね〜! BLタイトルのセリフを繋げたらめっちゃ萌える会話成立する説……?

いっそコール&レスポンスしたくなっちゃいませんか?
鳩屋タマ先生『えっちなお尻じゃダメですか?』→全然駄目じゃないよ〜〜♥♥
露久ふみ先生『そんな顔してもキスはだめ』→そこを何とか〜〜!!

このタイプには甘々えちラブ系の作品が多そうです! タイトルだけでただならぬエロス感じさせるこのセンスに脱帽……。
 

フルスペックスパダリ生徒にタジタジ先生♥

先生で、セックスの練習していい?』作:麻生実花 

 


「フルスペック王子」ことイケメン生徒会長生徒・大河とひょんなことから同居するハメになった教師・槙原。そんな爽やかイケメンに「先生でセックスの練習していい?」なんて言われたら……!

大河くんは俺様なんだかスパダリなんだか、その良い塩梅で強引なところに翻弄されちゃう……♥槙原先生が健気で可愛いんですが、報われなさもあり。そんな先生に、最初はからかうつもりで(?)迫っていた大河が身も心もズブズブになっていく過程もキュンです。

一から十まで簡潔に説明! 説明いらずのラノベ型


『〇〇が〇〇して〇〇なんだが!』的な、「誰と誰が何を」が簡潔にまとめられ読者を惹きつけるラノベ型タイトル。

桜日梯子先生『抱かれたい男1位に脅されています。』や村崎ハネル先生(コミックス)丸木文華先生(小説、原作)『オタクな俺がリア充社長に食われた件について』、佳門サエコ先生『ふたりの息子に狙われています』など、CPの属性やストーリー展開が匂わされ、「もっとkwsk!」と思わず釣られちゃうんですよね〜。

コミカルな雰囲気を演出しやすいからか、このタイプにはドタバタラブコメの作品が多め。ん村先生の『オンラインゲーム仲間とサシオフしたら職場の鬼上司が来た』など、2020年頃からじわじわトレンドになってきそうな予感がしています……!
 

ムッツリ部下とブラ男課長のラブコメ

俺がブラ男課長を守ると決めた日から丸裸にするまで』作:ピス☆タチオ

 


うん、すごく分かりやすい! スタートからゴールまでが明瞭! 「つまり……どういうことだってばよ!?」というのは置いておいて。全ては「雨宿り課長ブラ透け事件」に始まります。シャツの下にブラを忍ばせる課長にムラムラしちゃうようになり、変態がエスカレートしてしまう攻め(部下)のムッツリ具合にニヤニヤが止まらん。

ギャグ、シリアス、ラブ、エロ、そして画力。全てを備えた名作です! あらすじの疾走感も秀逸。

 

漢字×カタカナしか勝たん! 語呂良しボカロ型

 
人はなぜ漢字×横文字の小気味好いタイトルに惹かれるのか

汀えいじ先生『歌舞伎町バッドトリップ』、雲田はるこ先生『新宿ラッキーホール』、瀬森菜々子先生原作・赤原ねぐ先生画『簡易的パーバートロマンス』、みちのくアタミ先生『真夜中ラブアライアンス』、夏目イサク先生『飴色パラドックス』……などなど意外と多く、やっぱりキャッチーで覚えやすいんですよね! 声に出して読みたくなる〜。

このタイプにはビビットな演出やエッジの効いたエロが魅力の作品が多い傾向。何故か漢字とカタカナの組み合わせを見ると““エモさ””を感じて手にとってしまうんですよね……。個人的には邦楽ロックバンドやボーカロイドの曲名にも多いのではと感じています。

 

映画部DKのエモーショナルラブin男子寮

黄昏アウトフォーカス』作:じゃのめ

 


映画部を舞台に甘酸っぱい恋の青春と性春を描くDKラブ! 心情描写が繊細だな〜と思いきやちゃんとエロもあり、スピンオフもありと満足度高し!
部活でBL映画を作ろうってなる発想もすごい。作中でカメラ越しに演技をしているシーンの描かれ方も、俳優ものの作品とはまた違ったワクワク感があります。なんたって現役DKだもの。

スピンオフのタイトルは『残像スローモーション』『宵々モノローグ』と、やっぱり映像に関わる漢字×カタカナで統一感を持たせる感じなのですね! スピンオフでは別CPも描かれていますのでまとめてチェックです!

綺麗なカタカナを並べるとオシャレ♥言葉の宝箱型

 
このタイプには、大島かもめ先生『チキンハートセレナーデ』のようなセンシティブ系か、末広マチ先生『フェイクファクトリップス』のようなバトル系(?)ラブコメディが多い印象です!

tomomo先生『ブラザー・イン・ピンクチェリー』、彩景でりこ先生『チョコストロベリーバニラ』など、美味しそうなタイトルが多いのもこのパターン♥
やん先生『セックススーツラブバトル』のようなよく見ると性癖! 性癖! な直球タイトルもなんかおしゃれに見える。
 

アブナイあの子から目を離せない

B.S.S.M(ブラッドシュガーセックスマジック)』作:井戸ぎほう

 


甘くて、でもちょっと痛くて、ちょっとエッチでトキメキいっぱいな雰囲気にキュンキュンするタイトル。寡黙でムッツリななおくんとちょっとアホの子のけいまくんのすれ違いラブが繊細に、ちょっぴりハラハラと描かれます。

けいまくんがとにかく危うい子で、エッチな雰囲気にも軽率に流され、なおの恋心にも気付かず、あ〜もうはよくっつけ! ともだもだするのですが、クライマックスでけいまがなおの想いにハッと気付くシーンは感動で心がゴリゴリ抉られます。まさにブラッドシュガー。

そんなど直球でええんか!? 爆笑パワーワード型

 
とにかくこの本はエチエチだぞ! いいから読め! と教えてくれる親切設計のタイトル。
ど直球さと言ったらやっぱり、イクヤス先生『もみチュパ雄っぱぶ♂タイム』でしょう。この悪魔的な語呂の良さ。雄っぱいをモミモミチュパチュパするのだ! という強い意志。一度聞いたら忘れられないタイトルですよね。ずんだ餅粉先生『濡れトロ3P 大人のオモチャモニター』もなかなか衝撃的♥

中には丸木文華先生『忍姦~蜜戯の策』のような、いかにも淫靡で淫猥で蠱惑的な雰囲気たっぷりな漢字の圧が強い官能小説パターンも!

こちらのタイプには、やっぱり汗だくエロが存分に堪能できる作品が多いと思います! とにかくどろっどろなエロが読みてえ~~~! と思ったら、本能の赴くままにエチエチなタイトルを手に取るべし!
 

エッチ警報発令! 情報量が多いよ

バ美肉三十路オフパコおにいさん』作:凪田十子 

 


何だ何だ!? 字面と絵面がすごいことになってるゾ!?
「可愛がられたい」「いっぱいちやほやされたい」という欲望を持つキュートな三十路お兄さんが、美少女VTuberとしてネットで出会ったガチオタ年下お兄さんとオフ会でパコパコしちゃうお話。ドスケベかと思いきやラブの部分もしっかり描かれます♥

バ三オお兄さんの、薄っぺらいTシャツの上から分かるむっちり雄っぱいがヨシ。とにかく可愛い。こんなん抱かずにはいられない。ちなみにタイトルを全て略さずに言うと、「バーチャル美少女セルフ受肉三十路オフラインでパコパコお兄さん」になりますね!

**************

いかがでしたでしょうか? 6分類をふまえて、筆者も試しにBLっぽいタイトルを作ってみました。

「夜の獅子は微睡(まどろみ)に高く啼く」

……やはり才能というものが必要みたいです。

皆様もぜひ考えてみてくださいね!

担当記者:廣井無名
完全には幸せになれないCPが好き。キーワードは死ネタ、愛のないSM、流血、狂気、宗教、叶わない恋など。

関連作家・声優

コメント5

投稿順 | 最新順

匿名5番さん(1/1)

ラノベ型のタイトルは、「流行りに乗っかろうとしてるのね…」と冷めた目で見てしまいますね。
BLでは見かけないんですが、一般の本(実用・ビジネス)で、「~するな」「~なさい」っていう命令形のタイトルがあると、なぜそんな上から目線なんだ!?と感じてしまい、そんなタイトルの本は絶対買うもんか!と思ってしまいます。

匿名4番さん(1/1)

この記事で思い出したのですが、そういえば一時期「○○の~~し方」ってタイトルが流行ってましたね。内容にかかわらずタイトルがあれだともう食指が動かなかった思い出が。今はほぼ見かけなくなったなぁ。

匿名3番さん(1/1)

ラノベ型はやく廃れて欲しい

匿名2番さん(1/1)

~しか勝たんってもう死語よね
ちるちる記事で使われると死語だなって実感する

匿名1番さん(1/1)

タイトルってほんと大事ですね。
タイトル見て、これは読まないなって思ってしまうので。
ジャケ買いよりタイトル買いの方をよくします。

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP