BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

今さら聞けない!スパンキングとは?絶品尻たたき特集

2021/06/12 12:00

受けの尻は太鼓じゃねぇぞ……!(最高)



皆さ~ん、お尻、叩いてますか~~~!?

毎日やることに追われ日々セルフ尻叩き状態の筆者ですが、BL作品でもSM系のものでは攻めが受けの尻を太鼓の如く叩いていますよね。
特にH中に叩く行為は「スパンキング」と呼ばれることが多いですが、実はこちら紀元前に遡るほど歴史が深いことをご存知ですか?

そこで今回は「そもそもスパンキングって何?」から「お尻叩きシーンが登場するBL作品紹介(回数別)」をドドンとご紹介します!

 

◆目次◆

1.そもそもスパンキングって?

2.いつか使える!?スパンキング用語集


3.回数別スパンキング作品

【4回】陵辱! 潜入捜査官
【6回】クソアンチ♥ラブデストロイ
【9回】SとMの言い分
【100回】スメルズライクグリーンスピリット SIDE:A

 

1.そもそもスパンキングって?

 

スパンキング(spanking)とは、体罰や性的嗜好により平らな物や平手でお尻を叩くことです。
躾としてのディシプリンスパンキング(discipline-spanking)と、性行為や前戯の一環としてお尻を叩くラブスパンキング(love-spanking)の2種類があり、もともとは体罰の意味が強い行為だったとか。

そのためヨーロッパでは紀元前の頃から子供への躾だけではなく、修道院で罪人を罰するためのお尻たたき刑があったそうです。

更に互いの尻を叩いて救済を得ようとする一派が出てきたり、自動尻叩き機(!?)なるものが登場したり、フランス革命時にスパンキングが大流行したり……と、ディープすぎませんか???

どうやら我々はとんでもない扉を開いてしまったようです……。


2.スパンキング用語集

 
さて、次はいつか使える(かもしれない)スパンキング専門用語集です!
SMシーンを見て「あっ! これちるちるゼミで習ったやつだ!!」となるかも。

カー(Spanker):お尻を叩く側の人。
キー(Spankee)お尻を叩かれる側の人。
オーバーザニー(over the knee) 膝の上に相手をうつ伏せに乗せてお尻を叩く、基本的なスパンキングの姿勢のこと。"OTK"とも略される。
ベントオーバー(bent over)机や椅子に手を付かせたり四つん這いにさせたりして、お尻を突き出させる姿勢のこと。
コーナータイムスパンキングが終わったあとに、Spankeeを部屋の角に立たせて反省させる事。真っ赤になったお尻が見えるように立たされることが多い。

よく見るあの「お尻ペンペンポーズ」にも正式な名前があったんですね……。

3.回数別スパンキング作品

 
さて、ここからはスパンキングシーンが登場するオススメBL作品を叩いた回数順でご紹介します!
筆者が地道に「パン!」「スパン!」の文字を数えた順(正気になったら負け)で、公式レコードではありませんのでご注意ください。

【4回】『陵辱! 潜入捜査官』作:柊柾葵



あらすじ
刑事・綺堂玲於奈は麻薬取引のルートを調べる為に潜入捜査を行うはずだったが、先に潜入している仲間と合流する前に敵組織に捕まってしまう!! 虚勢を張って抵抗する綺堂刑事だったが、敵組織の幹部の男がだんだんと綺堂刑事を蹂躙し始め……!?


この刑事受け……スケベすぎるッ……!!
綺麗に割れた6パックに、ぷりぷり陥没乳首、更に全身超敏感という最高of最高ボディの潜入捜査官・綺堂。しかし毎回潜入先で捕まっては相棒の高瀬にHなお仕置きをされてしまいます。

特に敵組織に見られながらの公開スパンキングシーンは見どころ。拘束・言葉責め・乗馬鞭のとんでもドスケベ拘束セットにも屈しない綺堂の姿に、「スパァァンッ」と尻のみならず全身に弾ける高瀬の鞭を振る音が大きくなってしまうのも分かります。


【6回】『クソアンチ♥ラブデストロイ』作:さきしたせんむ


 

あらすじ
田中浩平は激怒した。かの邪知暴虐たる作家・氷室達臣を除かねばならぬと決意した。包丁をたずさえ、自宅を襲撃し、そして見事に返り討ちにあった。読書とアンチ活動程度が趣味の貧弱な田中の体躯はジム通いで鍛えられた氷室の健やかな肉体を前にして羽虫も同然に叩き潰された。殺人未遂、侮辱、名誉棄損、数多の蛮行は夢にも思わぬ方法を持って贖われた。僅かな尊厳を暴力と快楽によって奪われた田中は本心を吐露し、氷室の興味の対象になる。――田中は、実は氷室が大好きだったのだ。


表紙から素晴らしいトロ顔を披露してくださっているこちらの作品。とにかくボッコボコからのグチャグチャにされちゃうチョロ受け・浩平君ががわ゙い゙い゙っ!!

そんな彼が開始5Pで平手打ちされるというのっけからアクセル全開の本作ですが、このスピード感が最高に気持ち良い。縛られ挿れられ叩かれて、訳の分からないままメスイキしちゃう浩平君に、ドS心が疼いちゃうこと間違いナシです!


【9回】『SとMの言い分』作:名原しょうこ


 

あらすじ
会社の苦手な後輩・須藤にゲイだと知られてしまった観月。過去のトラウマが原因で特定の相手を作らない主義の観月に須藤は「俺のペットになれ」と命じる。反発するものの、嬲るように抱こうとする須藤に、秘められた被虐性愛を暴かれていく。タチ側しか経験のない観月だったが、いつしか愛撫されることを望むようになる。そんな中、自分を手酷く振った男・加賀見と再会し――。


サラリーマン×スーツ×SMプレイの3つが組み合わさってHにならないことがありますか?
いや、ない
。そんな最高マリアージュ設定の作品がこちらです。

体の支配だけではなく、心までが支配されていく様子を艶やかに描いている今作。話が進むごとにどんどん観月さんの顔もトロンとしてきちゃうんです♥ 「後輩に開発・調教されちゃう先輩受け」このワードにビビッときた方は是非読んでみてください!!



【100回】『スメルズライクグリーンスピリット SIDE:A』作:永井三郎


 

あらすじ
ド田舎に住む学生、三島はクラスメイトの男子から“ホモっぽい”とイジメを受けていた。実際に男性が好きな三島は抵抗するすべもなく、隠れて女装するだけが心の拠り所となっていた。ある日、三島は屋上で自分が以前失くしてしまった口紅を持ったイジメグループのリーダー・桐野を目撃してしまう。かれはこっそりと三島の使った口紅を自らの唇に塗ろうとしていたのだった……。


ヒャク……ひゃく!?
となった方も多いと思われます。えぇ、こちら本当に100回叩いてるんです。
BL作品と言うにはあまりにも骨太で独特な作品ですが、所々挟まれるギャグシーンもありサクサク読むことができます。

問題(?)のお尻叩きシーンも色々とヤバい。先程ご紹介した"OTK"の体勢で先生が生徒のお尻を叩く、叩く、叩く。先生の表情ともっこりした股間に是非ご注目ください。

***

お尻叩きについて語りまくった記事でしたが、いかがでしたでしょうか?
今回紹介しきれなかったスパンキングシーン登場作品はまだまだあるので、是非ちるちるの「詳細検索」機能を使って探してみてください!

担当記者:いもこ
攻めザマァが大好きな黄昏の腐女子。どちゃエロ作品から救いの無い暗黒作品まで、なんでもおいしくいただきます!

関連作家・声優

コメント2

投稿順 | 最新順

匿名2番さん(1/1)

OTKって姿勢のことじゃなくて略語か…
orzとかor2みたいなやつかと思って
しばらくどんなかっこか悩んじゃった

匿名1番さん(1/1)

とても参考になりました!

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP