BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

【※閲覧注意】可愛い子には鬱を与えよ! 精神的VS肉体的に痛いBL対決【闇属性】

2021/05/08 18:00

流血か鬱展開か…痛いBL頂上決戦開幕



先日、痛いBL大好きマンの筆者はこんなことに気が付いてしまいました。

痛いBLには2種類ある。

精神的な痛さと肉体的な痛さ、その両方が含まれている場合もありますが、大まかにはこの2つに分類できるのではないでしょうか。

そこで今回は精神的vs.肉体的! 痛いBL対決と題し、双方の魅力を競い合っていきたいと思います! ボロボロになるのは心か体か……闇の腐女子のバイブル頂上決戦、ファイッ!!

 

先手:肉体的に痛い部門

 

青アザの数だけ萌えが滾る! 流れた血すらも養分に!! どうも、闇属性です。

肉体的な痛さの魅力といえばやっぱり暴力で支配する歪な関係性! 共依存だったり、一方的な片想いだったりとシチュエーションは様々ですが、愛や恋を超えたドデカすぎる感情を抱いていることがほとんど。そんな重すぎる拗らせボーイたちが大暴走する姿は大変見ものです。

また、苦しそうな表情や、痛みをこらえる涙目の男子を拝めるのも重要な萌えポイント! 可哀想…だけどいじめたい…痛いBLを追い求める人々にはドSが多いのかもしれません。日常生活ではダメゼッタイ! 物語だからこそ許される背徳シチュならではの魅力を存分に味わえること間違いなしです。

 

 

痛い度★★★☆☆

俺の気持ちがわかるか』作:京一

 

 

あらすじ
閉塞的な田舎町で育った二人は、幼い頃から一緒に行動し、マイペースな尋の面倒をしっかりもののシロが見てきた。
尋がなにかミスをするとシロがつっこみを入れる。他愛もないじゃれあい。
それがいつしか、エスカレートしていく。
自分の行動に戸惑いながらも、尋を殴る力は日毎に強くなっていき――

 

ポイント

えッッ……これは闇が深い……。可愛らしい絵柄と物語のギャップがクセになること間違いなしの一作です! 少しずつ暴力性を増すシロと、一見彼の暴力の被害者に思われる尋、2人の共依存関係がじわじわと仄暗くなっていく過程がたまらない……! もちろん本作では肉体的な痛さも取り揃えております。思わず尋の顔を殴ってしまったときの乾いた音と、自分の行動に動揺するシロの表情が心をえぐります……。なんでそっちが怯えるんだよ…

ラストは鬱度マシマシ! 本当にこれでいいのか!? と問いかけたくなる結末にメリバ民大歓喜です。

 

 

痛い度★★★★☆

嫌い、大嫌い、愛してる』作:ARUKU

 

 

あらすじ
「君の処女を30万で買ってあげるよ」 その一言から狂おしい恋と残酷な復讐劇は幕を開けた――。寂れた地方都市でつましく暮らす作業員の奏。東京から赴任してきたエリート所長の凍月。対照的な二人の男が出会い、脅し脅されるうちに心と身体が深く絡み合ってゆく。2ヵ月後、奏が意識不明の重体で発見されるまで…。ドクズ男と無垢男、本当の愛を知るのはどっち?

 
 
ポイント

相手を傷つけてでもそばに置きたい執着心! 傷つけたい、苦しめたいという気持ちもそこまで行ったらもう愛ですよ…(闇的思考)。とにかく攻めの凍月がドクズすぎて救えない……! 受けの奏を無理矢理犯したり、刺し刺され、憎み憎まれのオンパレードで一時も心が休まりません。地獄のような環境でも健気に頑張る奏の姿には本当に切ない気持ちになってくる……。これほどまでに可哀想な受けが未だかつて存在しただろうか?

とにかく最後の最後まで血みどろ! 殺傷事件多発! の泥沼ワールドを求める皆さん。あなたの理想郷がここにあります。

 

痛い度★★★★★

キリングストーキング』作:クギ

 

 

あらすじ
「あなたのことが好きです」――その想いは、やがて歪な共依存に変わってしまった。
ずっと想いを寄せてきたサンウの家に侵入したウジン。しかし、いつも明るく優しかったサンウはそこにはいなかった。ウジンが彼の家で見てしまったのは、底知れぬ深い闇。
そして、ウジンの身に脅威が迫る――!

 

ポイント

サイコ×サイコの最強タッグ! 1巻~最新刊まで満遍なく痛いです。おうちでドキドキ監禁プレイ♥ なんて生易しいものじゃありません。

ストーカー癖のあるウジンもかなりヤバイ奴ですが、監禁・暴行・殺人フルコンプのサンウのヤバさの前では霞んで見える……。初手でウジンの脚を折っていますからね! ウジン先輩ハンパねぇっす!! と多くの闇属性を名乗るBL好きが恐れ慄いたことでしょう。これぞ肉体的に痛いの極み~~!! 全ページ緊張感がありすぎて、まるでホラー映画を見ているかのような恐怖体験を味わうことができます。

 

 

後手:精神的に痛い部門

 

後手は精神的部門!! 痛いは痛いでも心の痛さを重視するため、痛BL愛好会の中でも特に鬱展開好きが多く属する派閥。

肉体派のように一時の痛めつけというよりも、作品全体を通して続く薄暗~いやるせなさが鬱の源です。特に、どうしようもできない絶望感や残酷な周囲の環境が大の好物。ストーリー重視派が多いのもこのせいかもしれませんね。三度の飯より鬱展開。
また、メリバとの相性は言わずもがな。鬱から始まり鬱で終わる物語の展開…なんと美しいことでしょう!!

病み要素たっぷりのなんだかスッキリとしない後味がクセになる! 鬱直行型痛BLをお楽しみください♪

 

痛い度★★★☆☆

千夜に咲え』作:秋雨るい

 

 

あらすじ
両親が亡くなった夜、独りになった要を迎えに来たのは久我家の執事・嘉門だった。両親が残した借金を返済するため、要は琥珀館と呼ばれる洋館で暮らし、男たちの欲望の相手をさせられることに。
逃げ出したくなる生活の中で、要を慰め、心を支えてくれるのは嘉門だった。
嘉門さんが優しいのは仕事だから…そう思う要だけれど、惹かれずにはいられない。
けれど、嘉門にも秘密があって――!?

 

ポイント

表紙が明るいからといってナメてはいけません。親の死×屋敷に軟禁×気狂い老人という激重設定が受けに襲い掛かります。筆者が特にツボだったのは気狂い老人の存在。かつて愛した女性を受けに重ね、男との情事をカメラで監視するというヤバイ奴っぷりを見せつけてくれました。

そんなヤバ老人に人生を狂わせられ、親の借金のカタに客の欲望の相手を強いられる男子高校生なんて激萌えMAXに決まってる!! 度々見せる絶望の表情が嗜虐心を煽ります。かわいそう……なのに萌える……そんな心のパラドックスの扉を開いちゃって下さい♥

 

 痛い度★★★★☆

コンプレックスフェイクスター』作:ねじがなめた

 

 

あらすじ
アイドルグループ“PORALIS(ポラリス)"に所属するミューと純。
下積み時代からともに過ごした二人は互いに強い憧れを抱いていた。
デビューが決まり、センターに抜擢されたのは甘いルックスが売りのミュー。
"顔人気"と揶揄されながらも必死で努力していたことを知る純は、一緒に喜んだ。
しかしその裏で純がミューをセンターにするために枕営業をしていたことがバレてしまい…。


ポイント

ウッ……痛い……痛いよ……こんなに痛いアイドルBLが未だかつて存在したでしょうか? なんでアイドルテーマでこんなにドス黒くできるの……(困惑)。「枕営業」「人気差」などキラキラ芸能界の物語では絶対に描かれない影の部分が生々しく描かれています。純が権力者と寝る回想シーンは辛すぎて心臓がヒヤッとするほど……。それでもメンバーの前では明るく振る舞う姿はさらに痛々しい……。どんよりと薄暗い、曇りのような描写を描かせたらねじがなめた先生の右に出るものはいません。『推し』がいる人全員に読んでいただきたい、闇のバイブルです。

 

痛い度★★★★★

瘢痕』作:フナむシ

 

 

あらすじ
「教員を辞めるのが先か、心身の限界を迎えるのが先か」
生徒想いの模範的な教師であろうと、日々の業務に勤しむ教師の西谷。
だが、過酷な長時間労働、保護者からのクレーム、言う事を聞かない生徒たちとの日々に、自分で選んだ道とはいえ次第に心が疲弊していく。
時々…誰の為に生きているのか分からなくなる。
そんな時、学区内で野良猫が人為的に殺される事件が相次ぐ。
保護者たちの間で「犯人ではないか」と噂されているのは、試験期間にしか登校してこない生徒、早坂だった――。

 

ポイント

とても不気味。読んでいるだけで病みそうな『読む鬱促進剤』です。

町で起きる不審な事件、校門の前に置かれた猫の惨殺死体、手首に残る自傷行為の痕…。血みどろイベントてんこ盛りBLとはまさにこのこと。夜中に自ら手首を切りつけ、流れた血液で鏡に文字を描く早坂の姿は不気味なはずなのにどこか背徳的な美しさを感じてしまいます。

また過剰業務に疲弊し、うわべだけの愛想を振りまく教員の生活も痛いほどリアル。生々しすぎて読んでいるだけでドッと疲労感が襲ってきます……。

BLというよりホラーテイストの本作、予測できない今後の展開に期待大です……!!

 

 

******

 

今回は痛いBLを2つの部門に分けてご紹介させていただきました。皆さんはどちらの部門がお気に入りでしょうか?

肉体的と精神的……やっぱりどっちもおいしいですね~~!! 流血も鬱展開もどちらも痛BL愛好家にとっての大好物。2つの要素が融合すれば究極の痛いBLになる! 結果、両方外せません!

 

 

担当BLソムリエ:イクラ
何でも美味しく頂く雑食系。
痛い・重い・暗い三拍子揃った作品が特に大好物!アイドルの推しを腐った目で見ることがマイブームです。

関連作家・声優

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP