BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

クロネコ彼氏はどこから読めばいい⁉タイトルの順番が分からない名作BLリスト

2020/09/26 18:00

BLシリーズ作品、タイトルこだわりまくりな件について

 


シリーズ作品に手を出そうと思ったけれど、「え、これって何巻なの⁉」と悩んでしまった経験はありませんか?
そう、世の中には巻数判定の難しい名作BLが数多く存在するのです!
そんなときに役に立つのがちるちるのシリーズページ名作リストのご紹介と合わせてお楽しみください!

 

アワードエロ部門の覇者!執着VSツンデレ猫科のエターナルラブ

コミックス『クロネコ彼氏シリーズ』左京亜也

 


現在9巻まで発売中の、左京亜也先生による大人気シリーズ。バラバラに並んでいたら、どれが1巻が悩んでしまいますよね…! 

各タイトルの正しい順番はコチラ!

『クロネコ彼氏のアソビ方』
『クロネコ彼氏の甘え方』
『クロネコ彼氏の愛し方(全2巻)』
『クロネコ彼氏のあふれ方(全3巻)』
『クロネコ彼氏のあるき方(現2巻)』

出会いが描かれた1巻が『アソビ方』、当て馬登場でさらに関係が進展する2巻が『甘え方』、同棲がスタートする3巻が『愛し方』と、タイトルでも愛が深まっていく様が一目瞭然で、萌え滾ってしまいます!

各巻の内容をさらに知りたい方は、ちるちるの「クロネコ彼氏シリーズ」ページをご覧ください!

あらすじ
黒猫に化ける猫科人間の真悟(しんご)は、好みの顔とカラダなら、誰だって抱く。
そんな真悟に目をつけ、圧倒的なオスの匂いをさせて押し倒してきたのが、
人気No.1俳優・賀神(かがみ)だった。
カラダじゅうトロトロにされた真悟の腹の上で、彼が見せたケダモノな姿は!?

おすすめポイント

地球の人口の0.001%が猫科の動物に変身するという美味しすぎる設定です!
黒猫に変身する受け・真悟と、豹に変身するイケメン俳優の攻め・賀神圭市。けもみみ&しっぽのもふもふ、ぷるぷるのお尻に萌えがとめどなく溢れてきます…!

そんな二人の美麗でラブラブなエッチシーンあふれる作品です♥
各巻のカラーページは抜群の肌色度合いで、表紙を開くたびキュンが止まりません‼


作者のムシ愛をご覧あれ♥ムシ擬人化×階級社会×マルチCP!

小説『愛の巣へ落ちろ!』樋口美沙緒

 


パブリックスクール』シリーズの樋口美沙緒先生が描く、なんとムシたちの擬人化チックファンタジーです。

タイトルリストはこちら!

『愛の巣へ落ちろ!』
『愛の蜜に酔え!』
『愛の裁きを受けろ!』
『愛の罠にはまれ!』
『愛の本能に従え!』
『愛の在り処をさがせ!』
『愛の在り処に誓え!』
『愛の星をつかめ!』

ハイクラス種タランチュラ出身の澄也と、ロウクラス種シジミチョウ出身の翼の二人がメインの第1巻。攻めが「タランチュラ」なので愛の巣、なんですね!
続く2巻『蜜に酔え!』では、ハイクラスの名家でクロオオアリの綾人に、ロウクラス種クロシジミチョウの里久がメイン。愛の蜜って、何? 比喩⁇ と思ってしまいますが、なんと、乳首から蜜が出る体質なんです! 擬人化だからこそのエッチ要素ですね♥
3巻は『裁きを受けろ!』と強い意志を感じさせます。メインの攻め・タランチュラの陶也は1巻で悪役ポジション。ゆえに「裁き」という不穏なワードが…!
以降の巻も、どれも内容とリンクしたタイトルになっているので注目です!

愛の巣へ落ちろ!』シリーズページはこちら!

あらすじ
文明の危機に瀕した人類が、より強い生命力を持つ節足動物と融合をはかったという設定の擬人化チックファンタジー!

おすすめポイント

作品ごとにカップリングが変化します!
ホンワカしてかわいらしいイラストとは裏腹に、厳しい階級差別モブレ・両性具有であるがゆえの妊娠など、ハードな展開が待ち構えています!
傲慢な攻めから冷酷な仕打ちをされる受け…! それでも圧倒的な健気さを貫く姿に胸を撃たれます。しかし、身分や性格が真逆だからこそ、惹かれあったときの吸引力はすさまじい!
また、ハイクラス同士のCPであってもすんなりとは上手くいきません…。お互いの欠落を乗り越えて愛を手にする二人。闇深めの世界にどっぷり浸ってみたいときにおすすめのシリーズです。

1巻から読むも良し、気になる巻から読み始めてみるのも面白いです!

 シリーズページには各巻の詳しいあらすじがあるので、気になるCPを見つけてみてくださいね!

シリアス+コメディーの絶妙なバランス!

小説『交渉人シリーズ』榎田尤利

 


『交渉人は〇〇ない』でお馴染みのこちらのシリーズ。

気になるタイトルリストをどうぞ!

『交渉人は黙らない』

『交渉人は疑わない』

『交渉人は振り返る』

『交渉人は嵌められる』

『交渉人は諦めない』

『スウィーパーはときどき笑う』

『交渉人は愛される』

『交渉人は休めない』

受け・芽吹章のお仕事は交渉人。どんな相手にも巧みな話術で渡り合う必要のある職業ですから、『黙らない』で第1巻がスタートするのは納得ですね! 4・5巻での『嵌められる』・『諦めない』で大きな事件を乗り越えて、8巻では『愛される』という甘々なタイトルに!

タイトルを追うごとにドラマを想像できるのが素敵です!

交渉人シリーズ』ページはこちらです。

あらすじ
元検事で元弁護士、そのうえ美貌と才能まで持ち合わせた男、芽吹章は、暴力・脅迫・強制、このみっつが反吐が出るほど大嫌いだ。
弱き立場の人を救うため、国際紛争と嫁姑問題以外はなんでもござれの交渉人として、『芽吹ネゴオフィス』を経営している。
そんなある日、芽吹の前にひとりの男が現れた。
しかもヤクザになって!!兵頭寿悦―できることなら、二度と会いたくない男だった…。

おすすめポイント

シリアス展開とコメディ要素、両方味わえる振れ幅が最大の見どころです!
危険でセクシーな魅力を持つヤクザの兵頭と、元検事・弁護士で抜群に頭の切れる芽吹の名コンビに、1巻からハートを鷲掴みにされてしまいます。そんな二人のかけ合いは、まるで息の合った夫婦漫才…! じっくり詰まった内容ながらもさくさく読み進められるのは、さすが榎田尤利先生作品です!

誰もが納得の面白さを誇る本作。未読の方はぜひこの機会に手を伸ばしてみてはいかがでしょうか!

 

スパダリの代名詞×ワンコ受けの超正統派シリーズ!

コミックス『ファインダーシリーズ』やまねあやの

 


超正統派シリーズとと名高い『ファインダーシリーズ』。あなたは歴代タイトルを順番通り覚えていますか?

『ファインダーの標的』
『ファインダーの檻』
『ファインダーの隻翼』
『ファインダーの虜囚』
『ファインダーの真実』
『ファインダーの熱情』
『ファインダーの渇望』
『ファインダーの密約』
『ファインダーの鼓動』
『ファインダーの蜜月』

字面だけでは筆者は少々自信がありません…。表紙の絵柄で巻数を覚えているという方も多いのでは!?
1巻は『標的』。カメラマンの秋仁にターゲットにされた麻見と、逆に麻見から追いかけられる秋仁。互いに狙いあう二人にぴったりのタイトルです。

3巻は『隻翼』。せきよく…日常生活では聞きなじみのない単語ですが、片割れの翼、の意ですね。麻見に反発しつつも惹かれあう秋仁。なんだかんだ二人で一つの姿にマッチしますね。もしくは、序盤のすれ違う二人の様が、片翼をもがれたよう、ということでしょうか…! 表紙で背中に生えた黒い翼も美麗です。

『BE×BOY GOLD』で連載が続く本作。記念すべき次の11巻目はどんなタイトルになるのか、今から楽しみですね!

ファインダーシリーズ』ページはこちら!

あらすじ
フリーカメラマン・秋仁は、裏社会の美しき実力者・麻見の手に堕ちる…!! 監禁され身も心も奪いつくされた秋仁は……!? 「秋仁忘れるな、俺から受けた痛みと快楽を…」

おすすめポイント

どんなピンチにもナイスタイミングで駆けつけてくれる麻見は、まさにスパダリの鑑…‼ 秋仁をパーフェクトに守ります。今なおBLアワード攻めキャラランキングの常連ですね。対する秋仁は、生意気っぽさがありつつも元気でワンコな王道の受け。まさに正統派BLの黄金のバランス

組織とのヒリヒリする抗争だけでなく、ハードから甘々までの多彩なプレイ、心理描写も巧みな作品です。

***

いかがでしたか?

タイトルへのこだわりゆえに巻数判定の難しいBL作品……。迷ったときはぜひちるちるのシリーズページを活用してみてくださいね!

※公開時より記事内容を一部変更いたしました。ご迷惑をお掛けし大変申し訳ございません。

担当BLソムリエ:みうみう
『学園ヘヴン』中嶋先輩ルートから腐の道に。健気受けとおじさん×美少年が尊い系オタク。少しでも皆さんの萌えライフのお役に立てるよう、がんばります!

関連作家・声優

コメント9

投稿順 | 最新順

匿名9番さん(1/1)

GAPSもお願いします!

匿名8番さん(1/1)

>>6
ほんと失礼だよね
読んでないどころか、興味も持ってなそう
BL界じゃメジャーな作品なのに
これでちるちるスタッフ名乗れんのって逆に凄いわ

匿名7番さん(1/1)

ケロネコ、ワルイコトシタイ、彼の両性具有〜、ファインダー等々 タイトルだけだと本当分からないですよね……毎回前後巻見て確認しないと読みたい巻にたどり着きません( ˊᵕˋ ;) こっそりシリーズ何冊目みたいなのつけてくれると有難いんですけど、今更?ってなりますよね……

匿名6番さん(1/1)

ファインダーシリーズの10巻目は、昨年12月刊の「蜜月」です。
今から楽しみって、ダメダメじゃん。

匿名5番さん(1/1)

長いシリーズもの本当分かりにくくてイライラするから助かります。「どっちもどっち」もたくさん出てて何作目とか全く書いてないから2巻か3巻かわからなくて困った覚えがある。雑誌をよんでなくて後からその作品を好きになった人達に不親切極まりないので続きはこの巻とすぐわかるよう表記してもらいたいよな、出版社のちょっとした心配りが無いばかりに読者がいつも苦労する(怒)

匿名4番さん(1/1)

シリーズページ見たけど、
小説のシリーズ登録数98件は少な過ぎです。実際はもっと沢山ありますよね。
今後増やして充実させる予定はないのでしょうか?
あと、タイトルの順番ですが、
以前は各作品ページの【関連作品】が発行順に並んでいたから
【関連作品】を見れば、タイトルの順番を知ることができたのです。
今の規則性のない並び順になってからずっと不便だと思っていました。
以前の発行順に戻してほしいです。

匿名3番さん(1/1)

この記事のシリーズ化を願います。

匿名2番さん(1/1)

ワルイコトシリーズも!

匿名1番さん(1/1)

少年は神シリーズも載せてほしかった

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP