BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

3P!リバ! 表紙も中身も玄人向け『新宿ラッキーホール』名作コミック7位

2015/09/22 02:43

いつどこを切っても新しい! 新鮮さを失わない異色BL

長く注目を集める作品というと、いつの時代も変わらない普遍的なテーマを扱っている……言わば「王道作品」であることが多い、ということが、今回の特集で明らかになった事実の一つ。

しかしその中にあっても上位にランクインした、雲田はるこ先生の2012年刊コミックス『新宿ラッキーホール』は、決して王道とは言えない、むしろ異端作品と言って差し支えないのではという、珍しい作品です。

キャラクターの深みがすごい

作品のカギを握るのは、一世を風靡したゲイビデオの元ポルノスターで、現在は自らAV制作会社の社長を務める男・桧山苦味。

関連作家・声優

コメント4

投稿順 | 最新順

匿名4番さん(1/1)

レビューの熱量が凄かったです。
私も読んだ時はあまりピンと来なかったのですが、レビューを読んでこの作品の良さを教わりました。

匿名3番さん(1/1)

こういうランキングに、自分の好きな作品がランクインしていたためしがない(´;ω;`)

匿名2番さん(1/1)

ですよね・・・。私には全く合わずお蔵入り。なんで高評価?不思議。

匿名1番さん(1/1)

「イベリコ豚」以上に、合う人は合うけど、合わない人はホント合わないと思う作品。
雲田はるこさんの実力の高さゆえだろうけど、すごいなぁ。

今は「昭和元禄落語心中」と「いとしの猫っ毛」で手いっぱいでしょうが、
また雲田はるこさんの新たな世界を読んでみたい。

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP