BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

深井結己2

2008/12/12 00:00

レディースコミックからキャリアをスタートした深井結己は、一般的なBL作家とちょっと違う視点を持ち主だ。台詞、作画がほかのBLと比べて実にエロティック、否、淫らでいやらしすぎるのだ。いったいこの「いやらしい」感覚はどこからやってくるのか?を今回追求していく。

 「おカタい公務員が自分から腰くねらせて乱れちゃって」
みたいな台詞、BLではさかんに登場する。「いやらしいな」「とんだ淫乱だ」なんて台詞、あちらこちらに溢れてますよね。

でもこういう台詞って、実は受けのためにあるんだなぁと、深井さんの「オープンハウス」を読んで気がつかされた。
というのは、こういう台詞って、受けに対する賛辞なんだなぁ。男同士のセックスを描いているボーイズラブは、(根底に愛があるにせよ)快楽の原理で作られていて、そのなかでは、「いやらしく」「感じる」ことができることが重要である。「いやらしい」お前は、じゅうぶん俺を興奮させて、煽っている、立派な性的なパートナーだよ、という賛辞。いっけん侮蔑的にみえても、受けの淫乱さを指摘する台詞は、受けを褒めているのである。

でも、レディースコミック出身の深井さんの作品のなかでは、「おカタい公務員が自分から腰くねらせて乱れちゃって」というのは、完全に攻めのための台詞である。「あのおカタいあの子が、実はこんなにいやらしいなんて」というギャップ萌えは、あくまでも攻め(男性)の性的ファンタジーにすぎない。
だって実際、その言葉を聞いた受けは傷ついて、「だって…。仕方ないじゃないか…」と寂しさに身を震わせて泣くのである。その健気さに、攻めはキュンとくるのであって、「おカタい公務員」云々の台詞は、受けのためには存在してはいない。
考えてみれば現実の世界では、女性が「いやらしい」ことは、正面きって奨励されはしない。むしろ、侮蔑的な意味合いがある。レディコミの世界でもそれは同様で、「ああ、おかしい。感じてなんかいないはずなのに、いつの間にか感じているの、わたし」という心理的経路を必ず通過してから、女性が感じることになっている。
ときにはあっけらかんと、スポーツみたいにセックスを楽しむ女性が出てこないわけではないが、「淫乱だなぁ、あんた」と男にいわれても、「それがどうしたの。わたしは快楽に忠実にいたいのよ」とばかりに、無視するだけであり、それが賛辞として機能したりはしないのである。

深井さんがレディコミ出身だなと感心したのは、受けの身体の描き方もある。
深井さんは、受けの身体を中心において、舐めるように描く。攻めの顔はあまりみえず、受けの背後にいたり、背中をみせたりしていることも多い。ただ面白いのは、受けの身体を中心に据えたからといって、受けに感情移入するかといえば、そうとも限らないこと。攻めもまた、受けの身体を舐めるように見るから、物語によって、受けの視点をとったりすることもあれば、攻めの視点をとったりすることもある。ただ、どちらともつかない曖昧さは残すようなことはなく、誰かに同一化しながら、深井さんの提示する物語を読むことになる。
それにしても、深井さんのセックスシーンはどうしてこんなにエロティックなんだろう…。

紹介者プロフィール:桃園あかり
腐っていることを周囲に隠していないカミングアウト済み貴腐人。しかし流石に、子どもからはBLをどう隠すかが最近の懸念。職業は、意外にまじめなプロフェッサ?。思うより職場のスーツ率が、低くて悲しい。

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP