BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

寄り添う姿が尊い…!鈴木亮平&宮沢氷魚『エゴイスト』場面写真公開!!

2022/08/30 16:34

2022/11/24 20:30

甘々から切ない雰囲気まで…2人の世界に踏み込んだ6枚♥

 

 

鈴木亮平さんと宮沢氷魚さんが恋人を演じることで話題になった、自伝的小説を原作とする映画エゴイスト

 

14歳で母を失い、ゲイである自分を押し殺してきた思春期を過ごしながらも、ファッション誌の編集者になりブランド品を鎧として自由に生きる浩輔(鈴木亮平)と、シングルマザーである母を支えながらパーソナルトレーナーとして働く、自分の美しさに無自覚な青年・龍太(宮沢氷魚)。
愛する龍太とその母も交えながら過ごす時間は、母を亡くした浩輔にとって幸せなものだった。
しかしドライブに出かける約束をしていたある日、何故か龍太は姿を現さなくて……?

アカデミー賞受賞俳優の鈴木亮平さん、『騙し絵の牙』『ちむどんどん』など話題作への出演で話題の宮沢氷魚さんの抜擢で発表当初から注目を集め、不意打ちキスから始まる予告映像が世間を騒がせていた本作。
この度、作品をもう一歩深くまで知ることができる場面写真6枚が公開されました~~~~~~~!

 

 

 

まずは、浩輔(鈴木亮平)と龍太(宮沢氷魚)のお互いが手を振っているシーン。
それぞれ場面場は異なりますが、共通しているのはこの愛おしすぎる表情! お互いに手を振っただけでこんな表情になってしまうなんて……幸せオーラが2人を満たしていますね♥

 

 

 

続いて、2人で過ごす日常が窺える場面も。
いつもとは少し違った装いの浩輔と、笑顔をこぼす龍太の1枚。さらに龍太の母を交えた3人の幸せなひと時を写した1枚。
画面越しでも2人の親密であたたかい雰囲気がひしひしと感じられます……見ているこちらまで幸せになってしまう……。

 

 

 

しかし温かい雰囲気の写真から一変……最後の2枚では龍太、浩輔ともにどこか遠くを見つめて切ない表情。とくに龍太の表情には影が差し、どこか苦しそうにも見えてしまいます。
一体何が2人をこんな表情にさせるのでしょうか? 幸せなだけではないとわかりつつも、惹き込まれる魅力を劇場で体感したくなってしまいますね……。

 
そして、なんと追加キャストの情報も到着いたしました! 実力派俳優ひしめく豪華なキャスト陣、腰を抜かさないでくださいね……。


女手一つで龍太を育てた母・中村妙子役には阿川佐和子さん。浩輔と龍太をつなぐ、キーパーソンの1人です!



浩輔が14歳の時に亡くなった母・斉藤しず子役に選ばれたのは中村優子さん、中学時代の浩輔役には和田庵さんが抜擢。


そして浩輔の父・斉藤義夫役を演じられるのは柄本明さん。
数々の賞を受賞したベテラン俳優と新進気鋭の若手俳優が親子の姿を克明に描き出します……!

さらに、阿川佐和子さんのコメントも到着しております!

 

数少ない私の演技経験の範囲で申し上げるのは僭越ながら、
この映画と、そして松永監督率いるすべてのスタッフと関われたことは、
私にとってかけがえのない宝物として心に刻み込まれました。
軽々には捉えにくい愛の世界を前にして、これほど素直になれ、
これほど美しいと思えることは、なんと豊かで幸せなのでしょう。

******

作品への想いが率直につづられたメッセージ。本作を一刻も早く映画館で見たくなってしまうような力と愛に溢れています……!

「与えることで満たされるこの愛は身勝手ですか?」という、一筋縄ではいかない問いを投げかける映画『エゴイスト』。
日本を代表する俳優たちを据えた重厚なキャスティングで、愛とエゴが複雑に絡み合った人間どうしの繋がりを鮮明に描きだします。

心に染み入る魅力にあふれた本作は、2023年2月10日(金)に公開予定です!
最新情報は公式HPTwitterInstagramなどをチェックしてくださいね♥
 
 

エゴイスト』原作:高山真/監督・脚本:松永大司

 
 
<出演>
鈴木亮平
宮沢氷魚
中村優子 和田庵 ドリアン・ロロブリジーダ
/ 柄本明 / 阿川佐和子

原作:高山真『エゴイスト』(小学館刊)

監督・脚本:松永大司
脚本:狗飼恭子
音楽:世武裕子

製作幹事・配給:東京テアトル
 
公式HPTwitterInstagram

 

原作者・高山真プロフィール
東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業後、出版社で編集に携わる傍ら、エッセイストとして活躍。著書に
『恋愛がらみ。不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』(小学館)、『羽生結弦は助走をしない
誰も書かなかったフィギュアの世界』(集英社)、『愛は毒か 毒が愛か』(講談社)など。2020 年没。

(C)高山真/小学館
 
原作小説公式サイトはこちら

関連外部サイト

コメント2

投稿順 | 最新順

匿名2番さん(1/1)

私も。本は買ったよ。後は読むだけだ。

匿名1番さん(1/1)

とりあえず、原作は積んでます!
シネアドだけで萌悶ました。本編大丈夫かな、自分!
絵面が良すぎ!!!!
二人とも好きな俳優さんなので、楽しみすぎます!

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP