BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

世間的にアウトだけど性癖にクる禁断BL7選

2022/08/06 16:00

背脂と背徳はマシマシの方が美味しい。



絶対に○○してはいけない」。そう言われて動きを制限されると、逆に気になって手を伸ばしたくなりませんか?? そんな心理現象、実は「カリギュラ効果」と呼ばれているんです! 鶴の恩返しや浦島太郎など、昔話でも思い当たる例がちらほらと……。

ちなみに筆者は、「絶対に付き合っちゃいけない」CPにカリギュラ効果が発動しますね。エッチなシーンの直前に「脱がしちゃダメぇ……!!」と拒む受けを見せられたら、心のチ〇コがそれはもうバッキバキにそそり立っちゃいますね。

そこで今回は、「絶対結ばれちゃいけない」と頭の隅で警告音を鳴らしながらも、その背徳さから湧き上がる興奮&快楽が忘れられない……。世間的にギリアウトだけど、最っっっ高にシコいCPをリストアップしてみました♥ いやいや、絶対私情に左右されちゃマズい!! というお堅め職業を多めに取り上げてみました~! あなたのカリギュラ効果をグワングワンに揺さぶれますように……。

 

お堅めキャラの方が逆にエロいまであるリスト

 

教師×生徒


まずはこちら。 めっっっちゃ好きだけど、よくよく考えるとアウトな設定第1位ですね。そう、大人×未成年です。先生側は、毎日教室で生徒の姿を見守っていて、学生の危うさや未成熟さも理解しています。だからこそ理性的に振る舞う。一方で大人の余裕に惹かれる生徒は、精一杯の背伸びをして何とか振り向いてもらおうと努力するんですよね。どちらも可愛すぎる……!!

このCPの魅力的は圧倒的距離感の近さ。 2人きりの補習授業をきっかけに意外な表情が見られたり、屋上でタバコを吸っている先生に突撃したり……。心のノ○トに背いたちょっとインモラルな関係、堪らないんです。

余談ですが、以前は「誰もいない夜の教室でナイショの保健体育……♥」な展開が教師×生徒のボリューム層でした。でも最近は、生徒の卒業まで待ってくれる先生が増えましたよね。令和の新しい風が吹いているなあと感じます。

・教師×生徒が楽しめる作品→『わるいこと、教えてください



容疑者×刑事


刑事は、お堅い! スーツ! ガタイが良い! の三拍子が揃っていますよね。……しかし!そのイメージに反して、汁まみれなドエチチ作品って多くないですか??(試しに刑事・警察官・エロエロ、でサーチ掛けたら攻めも含めて150件ほどヒットしました!! すごい!!) 禁欲的な職業だからこそ、正義の執行相手である犯人に別の意味で燃えてしまうのかもしれません。

むせかえるような鉄の匂いが立ち込める事件現場。サスペンスな雰囲気の中、"漢"同士が獣のように交わりあう展開。容疑者×刑事では、その濃厚さこそが醍醐味です。 汗も涙も涎も精○も混ざったぐっちゃくちゃのベッドで抱き合ったのに、その相手が「ホシ」だったなんて知った日には……。仕事だと切り替えて逮捕できるのでしょうか?

・容疑者×刑事が楽しめる作品→『REVERSE



看守×囚人


こちらは既に捕まっているパターンです。看守×囚人って、制裁を加える側と罪を償う側としての上下関係が特にハッキリしています。そりゃあ秩序を乱したら刑務所はガオガオアニマルランドになりますからね。だからこそ私情に左右されてはいけない。そう頭では分かっていても、身体は本能に抗えず……肉欲をぶちまけ合うんですよね。知ってます、ありがとうございます(圧倒的感謝)。

看守にとって、職務遂行・ルール遵守は絶対。なのに! 受刑者をゴミのように見る堅物に限って、恋に落ちるとガチ溺愛攻めに進化するのはBLあるあるですか?? 元々の強さや実直さがそのまま恋愛にシフトチェンジしている感じ、世間的にはダメなんだけれど尊すぎる……。

冷たく暗い独房で、質素なせんべい布団に横たえられ、熱い息を吐きながらセッ〇スする情景……。拝めたなら何の悔いもなく成仏できそうです。

・看守×囚人が楽しめる作品→『羽賀くんは噛まれたい



弁護士×検事


逮捕・投獄と来れば、次は裁判ですね。弁護士が被疑者を守る立場なら、検事は被疑者の犯した罪を証明する立場。いわゆる犬猿の仲ってやつです。ドラマやゲームでも火花散る関係が描かれますよね。日頃からライバル関係の2人は、同じ事件を担当することもあるはず。そんな彼らが恋人同士となれば……。司法のバランスを保つためにも、公私混同したら絶っっっ対にヤバいCPの覇者です。

そんなインテリ職業トップランクの検事。昼は持ち前の頭脳で真面目に仕事をこなしながら、夜は堅苦しいスーツを脱ぎ、激しく乱れて喘ぎまくっている……。こんなに背徳的で淫靡なことってあります???? いや、ない(反語)。特に、知的な印象のあるメガネ受けがハチャメチャに泣いて縋ってヨがっていると、尊さポインツが1000000割増になります。

・弁護士×検事が楽しめる作品→吾妻検事は激しく抱かれたい



幼少期のクソデカ感情拗らせリスト

 

使用人×御曹司


はい、もう好き。もしも1日1単語しか話せない制約を受けたら、筆者は「御曹司」って答えると思います。2つまで話せるなら「主従」。

社交界で周りの期待に応え続けた次期当主と、彼を陰で見守り支え続けてきた使用人。幼少期からずっと一緒で、なんなら家族より長い時間を共に過ごしてきた2人。こんな閉じた世界だと恋仲にならないはずがない(二重否定)!! でも、身分差のある彼らからすれば、「名家の血筋を途絶えさせない」という最大の壁が立ちはだかりますよね。だからこそ、罪悪感と快楽が混ざってぐっちゃくちゃになった仄暗ラブの虜になっちゃうんです。

競争社会に生きる孤独な御曹司が、微かな光を求めて使用人に縋っていく。そして普段は大人しい使用人も、ガツガツと御曹司を責め立てる。依存とも言える神展開こそ、主従BLの醍醐味です。ちなみに、婚約相手がいた場合はより旨みが増します。

使用人×お坊ちゃんが楽しめる作品→『蟷螂の檻 (1)



付き人×ヤクザの跡取り


これもハズレがない! そう、任侠BLです。「背徳」や「アウトロー」という言葉は黒色を連想させますが、付き人×次期組長はまさに闇色が似合いますよね。

夜の世界で、ドンパチが絶えない界隈。比喩無しにいつ命を落とすかわからないので、跡継ぎの争いも活発化しそうですよね。そんな状況下で身分差がある同性同士の付き人×次期組長が結ばれるには、簡単に幸せになれない予感が……。

だがしかし!このCPの好(ハオ)ポイントは、殴り合ってお互いの気持ちを確かめ合う脳筋ラブっぷり。様々な困難があるからこそ、難しく考えずに拳とパッションとボディーランゲージで壁をぶち壊すんです。攻めも受けもヤが付くお仕事ですから、それはもう肝が据わっています。どんな手段を取っても、相手を捕まえる。背徳感を抱きながらも、苦境を突破しようとするカプNO.1です。


付き人×ヤクザの跡取りが楽しめる作品→『オメガの婿取り



被害者×加害者


あなたには忘れられない思い出がありますか? 振り返ってみると、案外幼少期の古い記憶が印象に残っているものです。最後に取り上げるのは、いじめの被害者×いじめの加害者。人生何十年かけても忘れられないトラウマを植え付けられた、因縁の相手です。

このCPは、他とは違い直接罪に問われるわけではありません。しかし、「え……あの子なんてやめときなよ~」といった外野からの余計な心配が多い点では、別の意味で世間的にアウトな2人と言えますね。

学生時代の悔しさをバネに成功した元いじめられっこ。順風満帆の出世街道かと思いきや、二度と顔を見たくなかったいじめっこと再会……みたいな展開がこのCPの魅力。絶対に、心の底から許せない相手なのに、身体の相性が抜群。だからこそ、誠に不本意ながら身体を繋げてしまう……。本音と建前が崩壊するとナオヨシですね◎

被害者×加害者が楽しめる作品→『メビウスストリップ



****************


いかがでしょうか? 今回は世間的にギリギリアウトなCP特集をご紹介しました♥
制限されるほど反動がくるのは人間の性。社会的制裁を受けるスリルを味わいながら、興奮と快感が隠せなくなる彼らは誠にエロいです。ぜひ該当作品をチェックしてみてください~!
また、「絶対に結ばれちゃいけない」と思う背徳感マシマシのCPがあればコメント欄にコッソリ書いて頂けると嬉しいです……!!


担当記者:明智みつ子
倫理的に反していることはわかっていても、運命に抗えずに体を重ねてしまう……。そんな2人が大好物な闇の腐女子。




関連作家・声優

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP