BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

読まなきゃ1兆倍損!?BL漫画家がイラストを手掛けた小説6選

2022/01/13 16:00

2022年は、小説デビューの年にしてみては?



「一年の計は元旦にあり」ということわざがあるように、新年には心機一転、何か新しいことを始めてみたくなるものですよね! そんな腐女子のあなたに、今回筆者が勧めたいのがBL小説デビュー!

活字を読むのがちょっと……。小説って、上級者向けな感じがする……。と思われている方、めちゃくちゃ気持ち分かります!
実は筆者も、昨年小説デビューを果たしたばかりです。

最初は、活字を前に筆者も尻込みしていました。しかし、読み始めたらページをめくる手が止まらないんです‼
というのも、小説は2021年ヒットした骨太ファンタジージャンルや「切ない」「不憫」な物語の宝庫。手に汗握るドキドキハラハラな展開や、文字によって綴られる登場人物の深い心情描写や官能的なエッチシーンに見事沼落ち……。もっと早く小説を読み始めるべきだった、苦手意識を持っていた自分をビンタしてやりたい……!! と凹んだ時もありました(遠い目)。

とは言っても、膨大な数ある商業BL小説。何から読み始めたらいいのか分からない方もいらっしゃるかと思います。そんなあなたに今回は、BL小説の大きな魅力である「挿絵」からおすすめ作品をご紹介。普段、コミックスしか読まれない皆さまに小説を手にとって頂けるよう、BL漫画の先生方がイラストを手掛けた作品をピックアップしてみました♪

 

①紀伊カンナ先生

星を手繰る』作:佐竹ガム

 

〈あらすじ〉
仕事・彼女・家を同時に失った昂は、「星を見たい」と衝動的に北海道ヘ旅立つ。そこで偶然再会したのは、高校の同級生で、昂の持ち物を盗んでは新品と交換していた男・鴇沢だった。卒業式の日に告白されて以来、一度も会わなかった鴇沢と、成り行きで1ヶ月だけ一緒に暮らすことになる昂。10年経っても変わらない、鴇沢の一途すぎる想いに気後れしながらも、次第に離れがたく感じ始め――。佐竹ガム、デビュー作! 紀伊カンナの初bl小説イラスト!!


こちら、作者の佐竹ガム先生デビュー作&紀伊カンナ先生の初BL小説イラスト作!「エトランゼ」シリーズや、『雪の下のクオリア』など雪国の情景で育まれるあたたか~い愛情をコミックスで度々描かれている紀伊先生。この作品も、舞台は雪国・北海道!高校時代の同級生が、ひょんなことで再会し、穏やかであたたかい愛を育んでいく物語です。

再会×同級生ものということで、表紙からエモエモな雰囲気を醸し出しているこちらの作品♥ 今作は特に、攻め・鴇沢のビジュアルが、優勝している~~! 柔らかい質感をもった茶髪と、澄んだ瞳が尊すぎます……。紀伊先生の優しく温かなイラストと、小説の雰囲気の相性がなんといっても抜群で、小説初心者の方にもってこいな作品です!


②秋平しろ先生

初恋大パニック』作:月村奎



〈あらすじ〉
「……いけ好かねえ」 人気の新人作家・藤原壮介と初打ち合わせの日、敏腕編集と評判の小宮山旭は壮介の著者近影を見ながら、思わずそう呟いた。しかも、それを壮介に聞かれていた…… 最悪な初対面を果たしたふたりの関係は、当然ながらうまくいくはずがなかった。……いくはずがなかったのに!? 月村奎先生の原作で、秋平しろ先生のマンガ『初恋ファンタジスタ』も特別収録。 


家柄・ルックス・才能すべて揃った新人作家×その担当になった敏腕編集者という組み合わせ。最初は攻めを「いけ好かねえ」奴と決めつけ、最悪な出会いを果たした2人が次第に打ち解け、恋愛に発展していく物語です。コメディ要素満載で爽やかな読み味が魅力なこちらの作品。

秋平先生のさわやかなイラストとマッチしていて、小説初心者の方でもサクサク読み進められる一作となっています! 筆者がお気に入りなのは、物語終盤での2人のシャワーシーン♥ 秋平先生の描く、線が細く色白美人な受けの頬が真っ赤に染まった表情がマジかわいい……。水も滴るイイ男たちの絡みがイラストで堪能することができます♪ また、本作スピンオフの初恋アミューズメントも秋平先生のイラストで読むことができるので、そちらもオススメです♪



②ひなこ先生

月がきれいと言えなくて』作:水原とほる



〈あらすじ〉
過去に渡されなかった手紙が、時間を超えて新たに恋人たちを結びつける――心の奥に沁みこむBL文学の決定版!!膨大な書籍の山に埋もれた、
一通の手紙を見つけたい――隣家の前に佇む訪問に声をかけた高校教師の須賀。隣人が亡くなったことを告げると、その男・高村は茫然自失!
実は亡き祖父から手紙を預かってきたと言う。しかも、隣人もどうやら同じ手紙を書いていたらしい。半世紀以上も封印されていた二通の手紙には、一体何が書かれているんだろう――好奇心にかられ、手紙探しを始めるが!?


元アスリートの若き起業家×人間関係に悩みを持った教師の「手紙」をきっかけに始まる恋。過去にトラウマを抱えた2人の、ちょっぴりほろ苦い大人の恋愛模様がひなこ先生の美しいイラストと共に展開していきます。

特に美人受け属性の須賀のビジュアルが天使すぎる……。設定として攻め受け共に、心に傷を抱えているので、ひなこ先生の繊細で危うい雰囲気を孕んだイラストがめちゃくちゃ沁みるんですよね……。ひなこ先生ファンの方にはもちろん、切ないストーリーや、しっとり静かに進んでいく大人の恋愛がお好きな方に是非ともおすすめしたい一冊です!



④暮田マキネ先生

幼なじみマネジメント』作:栗城偲

 


〈あらすじ〉
アイドル活動中の幼なじみのマネージャーをすることに!?役者を目指すアイドル×マネージャーの幼なじみ二人三脚LOVE

ダンスも歌も上手いのに、明らかに手を抜いているアイドル――三年ぶりに再会した幼なじみのヤル気のなさに驚愕する匠。俺と離れている間、春臣は変わってしまったのか!?「匠がマネージャーになってくれたら頑張る」縋るような瞳に抗えず、マネージャーになると決意! 本当は役者がやりたい春臣を、俺がこの手で輝かせる――真剣に取り組むようになった春臣の売り込みに奔走する毎日で!?


暮田先生の描くアイドル!!
これだけでインパクト大な気もしますが、更に幼なじみのマネージャーとの恋愛が描かれている今作は「芸能界もの」や「幼なじみもの」がお好きな方には堪らない一作ではないでしょうか!

圧倒的アイドルイケメン・春臣と、黒髪ワンコ美人・匠の眼福カップル……。特に、暮田先生の描く受けの可愛さは超ド級ッ!!! 筆者は、ヨダレがリアルに止まりませんでした……。ある事件をきっかけに活動を制限されているアイドル、春臣を全力で支える匠の健気さと、出会った時から両片想いの2人のぴゅあっぴゅあな関係性がとにかくかわいい一作です♥


 

⑤苑生先生

ロマンス不全の僕たちは』作:月村奎

 

〈あらすじ〉
美容師の昂大には秘かに想う相手がいた。モデルにスカウトされるほどかっこよくて、才能があって、だけどどうしようもなく愛想がなくて口の悪い同僚、遠藤進太郎だ。周囲には明るくムードメーカーと思われている昂大だが、本当は傷つきやすく、臆病な一面を持っていた。だから、遠藤に告白するつもりはなく、今の同僚の中では一番親しい同期、という立ち位置で満足しているはずだった。それなのに、遠藤の地元に引っ越して、遠藤の美容院で働くことになってしまい!?無口無愛想×隠れ繊細のハートフルラブ登場!!


まるでコミックのような装丁で、画面いっぱいの苑生先生の美麗なイラストが目を引くこちらの作品。受けと攻めは同じ美容院で働いていた元同僚。性格が明るく、ムードメーカーに見える受けの昂大ですが、その属性は「隠れ繊細」。

苑生先生の繊細で儚げなイラストとの相性がはちゃめちゃにイイんです!! 寡黙で無愛想、究極のツンデレ攻めと健気でかわいいワンコ受けの恋愛が堪能できる一作となっており、甘~いBL好きの方におすすめしたい作品です!


⑥鳩屋タマ先生

黄色いダイアモンド』作:木原音瀬

 

〈あらすじ〉
幼い頃走るのも泳ぐのも速かった勇は邦彦の憧れだった。だが成長するにつれ勉強についていけなくなり、さらに家庭の事情でまわりからは浮きはじめ、ついには悪い仲間とつるむようになる。そんな勇を叱っては真っ当な道へ戻そうとしていた邦彦だったが、ある日突然勇から結婚すると言われる。優しくて本当の勇をわかってくれる相手と二人の間に生まれた子供。勇が幸せな家族を持ったとき、邦彦は自分のこの執着が『恋』だったことに気づいてしまった。今更気づいたところでどうしようもなく、この想いは胸に秘めたまま終わるはずだったが……。勇の息子・俊一視点の「歯が痛い」、その後の三人と俊一の恋の行方が読める書き下ろし「十年愛」も収録。


最後にご紹介するのは、木原先生作品。かなりヘビーでイタイ(心が)作品なため、初心者向けとは必ずしも言えないですが……それでも全人類にこの作品を読んでほしいと筆者が常々考えている作品なので独断によりご紹介いたします!

こちらは2000年に刊行された作品の新装版として、昨年発売された一冊。鳩屋先生の甘カワ挿絵だったからこそ、小説初心者の筆者はこの傑作を読み切れたと断言できます! 内容に打ちのめされた心を、イラストが癒してくれる、というまさにパーフェクト・バランスを保っているこちらの作品。全人類、とはいかなくとも全「夜明けの腐女子」に読んでいただきたい一作です!


***

いかがでしたか?魅力的な「挿絵」から読んでみたくなった作品はあったでしょうか?
今回ご紹介した作品以外にも、探してみると漫画家の先生方がイラストを担当されている作品はたくさんあります!!
新しい年は、コミックスにプラスし、小説も嗜んで更に充実したBLライフを目指していてはいかがでしょう♪



担当記者:すず
ハピエン厨の夜明けの腐女子。執着強めのヤンデレ攻と、ピュアで健気なほだされ受が大好物!ヤンキーやケモミミにも目がない。 

関連作家・声優

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP