BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

もっとも鈍器なBLはどれだ!?第1回鈍器BL選手権開幕!!!

2021/11/23 16:00

ーーー絶対に負けられない戦いが、ここにはある。



さあ、はじまりました第1回鈍器BL選手権!

放送席の解説は、骨太BL委員会会長補佐兼ちるちる記者のアンリ54世がお送りいたします。みなさま、よろしくお願いいたします。

さて、今回は鈍器BL選手権の記念すべき第1回大会ということで、はじめにこの大会の趣旨をご説明いたします。

本大会は、数あるBL作品のなかから「鈍器度」が高い真の鈍器BLを決める大会です。

「鈍器度」とは、本の重さと厚さから判定される数値のことです。いうなればフィギュアスケートの技術点と演技構成点のようなもので、重さも厚さも鈍器にとっては欠かせない要素となっています。

今回エントリーしたのは以下の12作品。
ちるちる編集部の膨大なBL書庫のなかでも際立った厚さをもった猛者ばかりが集まりました。

愛を与える獣達 無骨な熊と王者の獅子と異界の「番」
赤と白とロイヤルブルー
偽りの王子と黒鋼の騎士
COLD THE FINAL
志水ゆき全集1 LOVE MODE(1)
背中を預けるには 3
空に響くは竜の歌声 気高き竜と癒しの花
天禅桃子作品集 1
羽生山へび子作品集 I
魔道祖師 1
リバース
緑土なす きみに捧げる花の名は
(五十音順)


コミックス、小説問わずとにかく鈍器度が高そうな作品ばかりです。いやあこれは熱い戦いの予感がします。

その他、くわしいエレメンツの評価方法等については以下を参照ください。


◆ 鈍器度判定方法
重さと厚さで判定。
重さを計測するのには百均の目安計を使用したので多少の誤差はお目こぼしください。
厚さを計測するのに使用されるのは、一般的なプラスチックの定規です。


◆ 順位の付け方
一番重かったもの厚かったものにそれぞれ12ptを付与。以下1ptずつ減らしていく形でポイントを付与。たとえば1番重かったものには12pt、2番目に重かったものに11pt、3番目には10ptを付与し、重さptと厚さptの合計ptが多かった作品からランクづけされます。合計ptが同点の場合は厚さがあるほうに高い順位がつけられます。


さあ、ここでなんと、はやくも全選手の得点が出揃ったようです。それではさっそく、結果発表にまいります!!!

記念すべき第1回鈍器BL選手権の王者に輝くのは一体どの作品なのか!?



12位 4pt

コミックス『リバース』作:麻生ミツ晃


 
◆測定結果
重さ280g(12位、1pt)/厚さ24mm(9位、3pt)

さすが、BL漫画界屈指のストーリーテラーともよばれる麻生ミツ晃先生の作品。厚さがあります! 近年発売のコミックスのなかでは鈍器度が高い印象だったのですが、重さが伸びませんでした……! しかし読み応えは順位以上です!

あらすじ
小説家の円と警察官の吐木は、同じ施設で育った"同志"で"番"。円はフェロモン分泌が異常で番以外の人間もそのフェロモンを感知してしまう上、番関係を結んだことで遺伝子変化が起こり、一般の抑制剤も効かなくなっている――そう、[振る舞っている]。何も知らない吐木は円を支える為と出世を蹴り続け、所轄への異動初日に担当することになったのは、Ω を狙ったレイプ事件。そんな中、円は発情期に入り強烈なフェロモンを発しながら吐木を求める――まるでΩ のように……。



11位 5pt

小説『COLD THE FINAL』作:木原音瀬



◆測定結果
重さ370g(9位、4pt)/厚さ23mm(12位、1pt)

伝説的BL小説シリーズ『COLDシリーズ』の最終巻である本作。秋沢×楠田はもちろん透×藤沢の番外短編なども収録された贅沢な一冊だけあってもう少し厚さが期待されましたが、まさかの最下位。これは意外な展開でしたね。しかし重さがかなりありました。やはり文字数があるからか、はたまた完結編の重みなのか重量感はたっぷりでした!

あらすじ
傍にいられること以上に、もう何も望まない――。大きな過ちを犯した秋沢は大好きな楠田の信頼を取り戻そうとして、セックスすることも自分の我が儘を押し通すこともやめ、まだ触れることもできない楠田の傍に少しでもいようと俳優の仕事の合間をぬってニューヨークに通う。秋沢が来るたびに怯えつつも彼の変化を感じるようになった楠田は好きだった頃を思い出し、同時に彼にもう一度キスしたい、触れたいと思うようになる。季節が巡ると共に少しずつ近づいていく二人の距離――。楠田の身体と心はゆっくりと癒されていき、ついにベッドで秋沢と触れ合えるようになって……。



10位 6pt

小説『愛を与える獣達 無骨な熊と王者の獅子と異界の「番」』作:茶柱一号



◆測定結果
重さ360g(10位、3pt)/厚さ24mm(10位、3pt)

獣人、異世界、番、体格差、2攻め×1受けなど刺さる人には刺さりまくる設定が詰め込まれたWeb発の大人気小説! 本の厚みもさることながら、表紙の男たちの胸板も分厚いです! なんといってもこの作品の魅力は、鈍器のような見た目と平和で甘々えっちな中身のギャップですね! 

あらすじ
――気が付くと、まったく知らない世界にいた。ここは獣人が支配する世界(しかも♂ しかいない! )で、なぜか自分の身体は少年に!? 見知らぬ世界で奴隷として捕獲されてしまったチカを救ってくれたのは、緑の瞳が優しい 無口な熊族の騎士ゲイルと、飄々と自分をいたわる獅子族の王弟ダグだった。最強の戦士二人に「チカは俺たちの番だ。子供を産んでほしい」と告げられ、優しく愛され甘やかされ、チカは戸惑うばかりだが、二人に恩を返すべく、もといた世界で医者だった経験を生かし、魔力を使ってみるが…!? 



9位 8pt

小説『空に響くは竜の歌声 気高き竜と癒しの花』作:飯田実樹



◆測定結果
重さ380g(8位、5pt)/厚さ24mm(10位、3pt)

こちらもWeb発の大人気シリーズの、なんと11作目! このシリーズは1作目からかなりボリュームがあって、どの巻も鈍器度が高そうなものばかりなのですが、特にこの巻は判定前から一際厚さが目立っていました。が、重さも大健闘! 竜王が治める異世界の国エルマーンを舞台に、何世代もの王と「龍聖」の物語を描くまさに年代記的作品だけあって重みが違います!

あらすじ
龍神の痣を持って生まれた龍聖は、まだ見ぬ龍神に恋い焦がれ、お仕えする日を心待ちにしていた。そんな龍聖が大和の国からエルマーン王国に降臨すると、龍神こと四代目竜王ロウワンは、龍聖に一目惚れしてしまう。生真面目で堅物な竜王が、初恋をこじらせて動揺し、胸を締め付ける感情を理解できずに悩んだり、書物で「愛」について調べたりする姿に、弟達は心配するが…!?



9位 8pt

小説『魔道祖師 1』作:墨香銅臭



◆測定結果
重さ380g(8位、5pt)/厚さ24cm(10位、3pt)

9位はもう1作品。重さも厚さも全く同ポイントで、し烈な争いが繰り広げられました。みなさんご存じ中華BL『魔道祖師』の第1巻です! やはり大陸の作品だけあって体格が違うのでしょうか? 装丁が凝っていて素晴らしいですよね。内容もこの鈍器感を裏切らない、いや、上回る充実のハラハラドキドキ展開です!

あらすじ
かつて「悪の道に堕ちた」と人々から恐れられた魏無羨(ウェイ・ウーシエン)は、すべてを失い非業の死を遂げた。しかし、それは自らの信念を貫いた証だった。それから13年後――別人の体に召喚され、思いがけず現世に蘇る。正体を隠し過去と決別しようとするが、よりによって少年の頃から文武を競い合った宿命の相手、藍忘機(ラン・ワンジー)と再会してしまう。自由奔放で快活な魏無羨(ウェイ・ウーシエン)と、品行方正で寡黙な藍忘機(ラン・ワンジー)。前世の記憶の中では衝突してばかりいたはずなのに、なぜか彼はそばを離れようとせず――。あの日の旋律が再び二人を巡りあわせる。 



7位 10pt

小説『偽りの王子と黒鋼の騎士』作:六青みつみ



◆測定結果
重さ400g(4位、9pt)/厚さ23mm(12位、1pt)

ファンタジーBLの名手・六青みつみ先生の作品からはこちらがエントリー。厚さはそこまでなかったものの、重さがすごかった! 二段組のなせる業でしょうか? 性格の悪すぎる王子が、魔法の水鏡のせいで偽王子に。目を逸らしたくなるような地獄のような日々と、詰まらない攻めとの距離にやきもきしますが、これぞ鈍器本だ! と思わせてくれる王道の良さがありました。

あらすじ
グレイル・ラドウィックの愛と忠誠を、この僕に! ローレンシア王国の一粒種・エリュシオンは、蝶よ花よと育てられ、我が儘を我が儘だと思わず生きてきた。そんな王子に唯一靡かなかったのは、護衛騎士グレイル。エリュシオンは運命が変わるという魔法の水鏡に、グレイルのことを密かに願う。その時、世界は一変した。偽王子の烙印を押され、凋落したエリュシオンはグレイルの下僕となる。シオンと呼び捨てられ、一から育てなおすかのように接せられるうちに、シオンの中で捨てられずにいた気持ちが溢れてくるが――!? 



6位 10pt

小説『緑土なす きみに捧げる花の名は』作:みやしろちうこ



◆測定結果
重さ385g(7位、7pt)/厚さ24mm(10位、3pt)

こちらもWeb発の大人気小説シリーズの3作目。 重さ、厚さともにバランスよくポイントを稼ぎ6位にランクイン! 特筆すべきはその独特のスタイル。なんと冒頭にuser先生による描き下ろし漫画を収録。さらに前作の続きの物語のみならず書き下ろしの短編など、盛りだくさんの内容にファンは大歓声のスタンディングオベーション!!!

あらすじ
山奥で野人のように暮らしていた〝足弱″は、生まれて初めて上京した都で、千年続く王朝の最後の王である今世王レシェイヌの庶子の〝兄上さま″だと発見され、宮殿に保護される。国土に緑をもたらす奇跡の力を持つ王族は、血族しか愛せない宿命。しかし、十数年前の流行病により、今や生き残っているのは今世王レシェイヌただひとりだった。孤独のために死にかけていた今世王は、足弱に夢中ですがりつき、ひたすら愛を捧げる。そして、王族命の家臣一族「灰色狼」もまた、真綿に包むように足弱の世話をし、尽くそうとする。自分が王族だとは思えない足弱にはそのすべてが困惑のもとで、耐えられず、ついに宮殿をあとにしようとするが……。



5位 10pt

小説『赤と白とロイヤルブルー』作:ケイシー・マクイストン



◆測定結果
重さ300g(11位、2pt)/厚さ25mm(5位、8pt)

アメリカ大会でも高い評価を得た名作が満を持して登場! 今大会唯一の文庫サイズながら厚さで押し切り、見事5位に食い込みました!! 米大統領の息子と英国王子という骨太BL委員会会長もびっくりのカップリングにはじめは戸惑いが広がった会場でしたが、設定のインパクトに負けない内容で、記録よりも記憶に残る名作になったのではないでしょうか?

あらすじ
アメリカ初の女性大統領の長男アレックスは、英国のフィリップ王子のロイヤル・ウエディングへの参列を前に憂鬱だった。フィリップの弟ヘンリーとアレックスは、女性誌に載る回数を競うライバル同士だと言われるが、いつも冷淡なヘンリーがアレックスは苦手だ。その夜の晩餐会でも、冷ややかな態度をとる王子の肩に思わず手をかけた次の瞬間、一緒にウエディング・ケーキの上に倒れ込んでしまった。米英戦争勃発かと世間は大騒ぎになり、二人は全世界に向けて仲のよさをアピールすることになるが……



4位 19pt

コミックス『天禅桃子作品集 1』作:天禅桃子



◆測定結果
重さ400g(4位、9pt)/厚さ31mm(3位、10pt)

ここではじめて作品集がランクイン! この第1巻は「wonderful days?」「ロータスイーター」「Brand new Wednesday」を収録。天禅先生ならではの、魅力的な男たちの繊細な心理描写が読む者の心を掴んではなしません。一度読んだらクセになる、珠玉の作品たちが堪能できる贅沢な一冊です。


あらすじ
天禅桃子が贈る、最上の俺様不遜攻・レイと精神的ドM受・慎悟が再び――他、慎悟の親友・里一と、バツイチノンケ・神田、家庭教師・中原と生徒・カナ、それぞれのやるせない想いを繊細に描いた珠玉の作品集第1弾 



3位 19pt

コミックス『志水ゆき全集1 LOVE MODE(1)』作:志水ゆき



◆測定結果
重さ390g(5位、8pt)/厚さ33mm(2位、11pt)

』や『花鳥風月』で知られる志水ゆき先生の初期の伝説的シリーズ『LOVE MODE』の新装完全版! 高宮×和泉編と蒼江×直也編を収録し、描き下ろしの表紙とキャラクタープロフィールつきという豪華な内容。一冊で先生の絵の変遷を見ることができるというファンにはたまらない作品です。

あらすじ
高級デートクラブ『B&B』のコールボーイと間違われ、 うっかり犯されてしまった和泉(いずみ)。ところがその強姦相手・高宮(たかみや)は、いつのまにか和泉の毎日に優しく侵食してきた……。一方、その高宮の友人で『B&B』オーナーの蒼江(あおえ)は、ある日警戒心丸出しの、やせっぽちの高校生・直也(なおや)を拾うーー。淋しい大人の男と、一途な高校生のたったひとつの純愛を描き、BL界の金字塔となった伝説のシリーズ『LOVE MODE』、描き下ろしのキャラクタープロフィールも収録の完全版登場!!



2位 21pt

小説『背中を預けるには 3』作:小綱実波



◆測定結果
重さ440g(1位、12pt)/厚さ30mm(4位、9pt)

出ました! 大本命! 2021年に発売になったWeb発の最新人気小説シリーズ『背中を預けるには』。第1巻の発売当初から「鈍器だ」と話題に。最も厚さがある第3巻ですが、結果は惜しくも第2位!! それでも素晴らしい順位です。なんといっても重さが群を抜いていました。この厚さにも関わらずあっという間に読めてしまう魔法のような作品ですよね。

あらすじ
かつて身をていして国を守った騎士・イオニアは、天使のように美しい辺境伯の四男・レオリーノに生まれ変わる。レオリーノは夢の中で、イオニアの人生をたどり、身分差から想いを封じた王弟・グラヴィスへの思慕を思い出す。さらに敵国の内通者によって殺された記憶までよみがえり、慰霊祭の日に裏切り者と対峙するが、逆に拘束されてしまう。命の危機にひんしたレオリーノが、「ヴィー!」と助けを求めると、イオニアを喪って以来、すっかり厭世的になっていたかつての親友であり将軍・グラヴィスが現れ――!? (1巻のあらすじ)



1位 23pt

コミックス『羽生山へび子作品集 I』作:羽生山へび子



◆測定結果
重さ415g(2位、11pt)/厚さ38mm(1位、12pt)

栄えある第1位は、こちらの作品でした!!!! 納得の一言です。故・羽生山へび子先生を偲んで刊行された作品集の1刊目。笑って泣いて、そして萌えれる。読後には肩の力が抜け、不思議と生きる気力が湧いてくる。唯一無二の、そしてBLでしか描くことのできない大切な物語がたっぷりつまった一冊はまさに「鈍器BL」にふさわしい作品だと思います。

あらすじ
羽生山へび子先生の初作品集が2冊同時発売!! デビュー作『僕の先輩』シリーズをまとめた作品集☆自称愛のハゲタカ・飴宮はじめは、最恐のセンパイ・二宮三郎を追いかけ続けるラブハンター雨が降ろうと槍が降ろうと、ふたりでいれば無敵の毎日が待っている! コミックス未収録の『初天警察24時』も完全収録!!  


 

*****


以上、鈍器BL本ランキング、いかがだったでしょうか?
重さになると小説が、厚さになるとコミックスの全集や作品集が強かったですね。

なかでもWeb発の小説は、なかなか鈍器度が高い作品が多かったですね。

今回ランクインしていた作品はどれも、読み応えがあるものばかり。やはりこれが「鈍器BL」の醍醐味ではないでしょうか?

どっぷり世界観に浸りたいと言う方は作品選びの際にも「鈍器度」を参考にしてみてはいかがでしょうか?

ほかにも、これこそキングオブ鈍器BLだ! という推薦作品がありましたら教えてください!! 

それではみなさん、また次回の大会でお会いしましょう。

※11月23日:初出時より記事内容に誤りがございましたので、修正いたしました。ご混乱をお招きし、大変申し訳ございません。
 

関連作家・声優

コメント5

投稿順 | 最新順

匿名5番さん(1/1)

小説って重さすごいですね(物理)

匿名4番さん(1/1)

12/1発売予定の「背中を預けるには」の新刊(番外編)
小綱先生のTwitterに4冊並んでましたが新刊が一番分厚いです。
あれ一位狙ってきたのかなってくらいのタイミングで笑いました。

匿名3番さん(1/1)

魔道祖師がなかなか重たかったので上位確実だろうと思いきや、もっと重たい本が…!電子では感じられないこの重みが紙本の良いところでもあり、また難点でもあり。
いとをかし。

匿名2番さん(1/1)

「鈍器なBL」……殴られるようなストーリーっていう意味かと思ったら、そっちか笑。
電子派には本の厚さや重さってピンと来ないので、へぇ~と思いました。
たまたま1位5位は紙も持っていたので参考になります。たしかにあれが落ちてきたら重傷かも。

匿名1番さん(1/1)

4作品持ってました。どれも読んでると腕がプルプルしてきちゃいます。確かに鈍器!
本の厚さは㎜の間違いでしょうか?

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP