BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

BLアワード「次に来る」部門、本当に“次に来てる”の?

2021/12/26 16:00

2022/01/29 16:00

桜日梯子、はらだ…先見の明がすごすぎる



日々BLを愛しBLに愛されたいみなさま~~~~!
今年もやってまいりましたよ、この季節が……!

そう、BLアワード!!!!!!!!!!!

毎年、皆さまの清く尊い一票で選ばれる各部門の神様たち。今回はその中でも、新たに降臨なさったニューカマーが分かる「次に来るBL」部門(旧新人部門)を一挙振り返り♥ 先日発表されたノミネートリストにもニューカマーとは信じられないような神作品が並んでいますよね……。

今では確固たる地位を確立しているあの先生や、その腕前に何度も泣かされたあの先生まで!「次に来るBL」部門から誕生した神作家の皆様を大紹介しちゃいます♥

各時代に思いを馳せつつ、驚きの連続すぎるラインナップを見ていきましょう!

2011年:「次に来るBL」部門の前身「新人」部門が始まった年

【1位】秀良子先生



記念すべき「新人」部門最初のMVPは、映画化もされた宇田川町で待っててよ。など、数々の作品で読者の心を掴み続ける秀良子先生! 「泣かない作品がなかった」など、新人という事実を感じさせない激アツレビューもたっぷりです。
当時のBLファン、先見の明がありすぎる……。

【2位】のばらあいこ先生



続く第2位もビッグネーム! 遂に完結を迎えた寄越す犬、めくる夜がBLファンの心を貫いたのばらあいこ先生です♥
ハードなのにどこかコミカルで引き込まれる作風は、デビュー当初から変わらず。「数年に一度レベルの期待の新人さん」と当時も大絶賛されておりましたが、10年たってもその実力と訴求力は健在です!

2012年:今も第一線で萌えを供給してくださる神が続々登場

【1位】市川けい先生



BLアワードの各部門で常連の市川先生! そんな市川先生、実は2012年にスロースターターで新人部門1位を獲得していたんです。
当時から甘酸っぱくてさわやかな作風が大人気! 変わらない魅力が今の大ヒットにつながっているんですね……!

【4位】緒川千世先生



初の商業コミックス王子の箱庭で人気に火がついた緒川千世先生。繊細で美しい絵柄と引き込まれるようなストーリーに、多くのBLファンを夢中にさせました!
きゅんが止まらない初期作このおれがおまえなんか好きなわけないなどあまあまからドシリアスまで幅広く手掛けており、いろんな表情の作品を楽しめる先生です♥

2014年:ちょっぴり切ないけどそれだけじゃない年

【1位】桜日梯子先生



初のコミックス年下彼氏の恋愛管理癖がどかんと大ヒット! 人気に後押しされ、2014年の1位は桜日梯子先生。圧倒的な画力とエロ、キャラのバランスなどが大絶賛され、文句なしのぶっちぎりトップでした! もう表紙から色気カンストしてますもんね……これは手に取らざるを得ない……。


【2位】トウテムポール先生



Webコミックで人気爆発、「このBLがやばい」第1位をかっさらい「新人」部門2位も受賞……。この年彗星のように現れたのがトウテムポール先生でした!
レビューも「大御所のオーラを放っている」「ケタ違いの面白さ」と、新人であることを感じさせないものが並びます。ほのぼのゆる~い魅力のおしごとBLの決定版、納得のランクイン!

2015年:ビッグネームの数々に恐怖する年


【2,3位】はらだ先生


 

BLアワード常連の鬼才・はらだ先生の登場も、BL界に大きな衝撃をもたらしました。「新人作品」部門第2位と「コミック」部門第3位にやたももが、「新人作品」部門第3位に初コミックス変愛がランクインという鬼っぷり。すでに誰も止められない……。
翌年以降もカラーレシピ』『にいちゃん』『ワンルームエンジェルなど、心揺さぶる作品の数々が「コミック」部門ランキングの仲間入り。
ユーザーの皆様からも、BL界にもたらされた衝撃と革新を感じさせるコメントが多数寄せられておりました!


【4位】おげれつたなか先生



2015年、磁場が狂いまくりでは?????
ということで、第4位はおげれつたなか先生。恋とはバカであることだが堂々ランクインです! ストレートながらもどこか一癖ある作風と、おしゃれ男子のかわいすぎる泣き顔に、多くのBLファンが呼吸困難に陥りました……。
2017年度にはなんとコミック部門2位と3位を独占! 真逆な作風なのにどちらも胸に刺さってしまう恐ろしさよ……。
2015年、世が世なら三国志の幕開けジャン……(?)

2016年:がっしりむっちりしっかりした肉体美派爆誕の年

【1位】スカーレット・ベリ子先生



2016年期待の新鋭として登場したのが、「芸術」とまで言わしめた肉体描写が大人気のスカーレット・ベリ子先生! 「次に来る」部門堂々の1位です♥
みのりの手
の翌年「コミック」部門第5位に輝いたジャッカス!など、重厚かつえっちな骨太ストーリーもたまりませんよね……(じゅるり)。

【2位】座裏屋蘭丸先生



ゴリゴリにリアルなエロといえば、座裏屋蘭丸先生。PET契約で第2位に堂々ランクインです♥
「エロスを芸術に昇華できる稀有な作家さん」「エロの臨場感が凄い」など、うなずきすぎて首がもげそうなレビューが続きます。『PET契約』はエロ特化型ですが、2019年度「コミック」部門第1位リカー&シガレットなど読ませる作品も絶品です……!

2017年:お耽美、しかしどこか今のかほり

【1位】楔ケリ先生



華やかで麗しい絵柄、これぞオメガバース! と拍手を送りたくなるような、切なく尊く圧巻のストーリー……そう、この年の第1位は楔ケリ先生でした!
この作品でオメガバース沼にどっぷり肩まで浸かってしまった、という声は数知れず。耽美でえっち、繊細な世界観に、登場した瞬間からBLファンはとりこです……♥

【2位】丸木戸マキ先生



直接的なエロは少なめなのに、作品全体に漂う雰囲気がとんでもなくえちえち! どこか文学的、かつしとやかな作風でBL界をざわつかせた丸木戸マキ先生の登場です♥ ゲイビ男優同士の体から始まる、深い心の繋がりを描いた『目を閉じても光は見えるよ』。予想だにしない展開に胸を打たれた衝撃が、今も鮮明に残っています。

2018年:まさに”次世代”! 新しい風が吹いた年

【1位】紗久楽さわ先生



ちょんまげ江戸男子の魅力をBL界に広く布教したのはまさにこの方! 紗久楽さわ先生です♥
他の追随を許さない圧倒的な知識量と画力、引き込まれる世界観は紗久楽先生にしか表現できません。初登場からずっとBLファンの心を掴んで離さないのは、この圧倒的な実力とスター性に裏付けされたものだったんですね……!

【8位】鈴丸みんた先生



甘酸っぱくて尊くて、もはや胸が苦しくなってしまうテイストが鈴丸みんた先生の専売特許! この年キューピッドに落雷で第8位にランクインでした♥
男子高校生のキラキラしていて可愛い恋模様に、落雷レベルのキュンと光を感じるオタクが多数。かくいう筆者にも落雷が直撃いたしました……。
この2年後、恋をするつもりはなかったでBLアワード2020「コミック」部門第2位に。大躍進を予感させる「次に来る」受賞でしたね……!

2019年:まさに今大活躍している神々が台頭した年

【7位】佐岸左岸先生



リアルかつ優しい描写で人々の心を癒し、萌えさせ続ける佐岸左岸先生が2019年度の「次に来る」部門第7位にランクイン!
デビューコミックス春と夏となっちゃんと秋と冬と僕は、ほのぼのした萌えがたっぷり詰まった佐岸左岸先生らしい作品。 ずっと変わらない癒しを供給してくださっていたんですね……(感涙)

2020年:頭角あらわす光の世代……!

【5位】宮田トヲル先生



初々しいもだもだと可愛すぎる不意キュンで、読者の息の根を止め続ける宮田トヲル先生が第5位!
2021年度BLアワードでは、デリバリーハグセラピーで「コミック」部門第7位に食い込む大躍進っぷり。令和のBLファンの心をがっちりとらえた、爽やか可愛い作風が大人気です♥


*****

こうして見ると、各時代にとんでもない大型新人作家様がいらっしゃることが一目瞭然! いろんな時代のランキングを見比べてみるのも面白いかもしれませんね♥

そして、BLアワード2022は現在投票期間中。皆さまの琴線に、引きちぎられんばかりのダイレクトアタックをお見舞いした新人作家さんはいらっしゃいましたか?

BLアワード2022をつくるのは皆さまの清く尊い一票!!!!!!
今年出会った素敵な作家さんと作品のため、そしてBL界の明るい未来のために投票をよろしくお願いいたします~~~!!!!!!

※1月31日:初出より記事の一部を修正いたしました。ご混乱をお招きし、誠に申し訳ございません。謹んでお詫び申し上げます。

 

関連作家・声優

コメント1

投稿順 | 最新順

匿名1番さん(1/1)

鈴丸みんた先生は2018年8位みたいですが

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP