BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

「また大っきくなったぁ…♥」二段階勃起って本当にできるの?

2021/10/03 13:00

2022/04/04 17:30

フル勃起→メガ勃起する攻めモンを探せ!



「なんでおっきくなったのぉ……!」
「お前が可愛いからだよッ……」
「ん、ふぁあ……♥」

Q.セリフから読み取れることは?

A.挿入した攻めのち〇こがさらに大きくなってしまったということ

そう、BL頻出シチュエーションの1つ「二段勃起」の場面です。えっちい受けチャンの姿に触発されて、興奮が抑えきれなくて……。すでに挿入っていた立派なち〇こが、あるきっかけからぐぐっ♥ともう一段階成長を遂げてしまうこの現象。実にエロい。

でもこちら、人体に本当に起こりえる現象なのでしょうか? BL人類進化論に基づいたの人体の進化なのか、はたまた実際に二段勃起は実際に可能なのか……。

実はかなり奥深い勃起の世界、本日はその謎に迫りたいと思います♥

 

そもそも勃起とは?ふにゃ→ガチまでの道のり

 

普段(飽きはしないが)飽きるほど勃起を目にする私たち。しかしそんな勃起が、実はかなり複雑な人体構造がなせる高度な"""技"""だということをご存じの方は少ないはず!
詳しく書くと大変なことになってしまうので、さっくりとご紹介いたします。


まず、性的興奮・刺激(受けのえっちな姿、陰茎を触られたなど)が五感を通じて脳に伝わります。性欲が高まると、脳は勃起命令を出すのです。絶対勃起命令です。その命令は脳から脊髄、勃起神経(!?)を通って陰茎に到着。
この命令を受け取ると、まず平滑筋という陰茎の近くにある筋肉が緩みます。こうすることで大量の血液が陰茎海綿体というスポンジのような器官に流れ込み、パンパンに膨らむのです。

そう、これが勃起。体内のいろんなところが正しく動かないとたどり着けない、究極の地なのです。

 

二段勃起を科学する~太く硬く逞しく~

 


こうして立派なバリ硬へと進化を遂げたち〇こ。しかし、ここからもう一段階成長することは本当に可能なのでしょうか……?
結論から言います。

_人人人人人人人人人_
> 分からないです <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

しかし、ち〇この生態(?)を調べていくと、気になる言葉が出てきました。皆さんも聞いたことのあるであろう、「半勃ち」「中折れ」です。
「半勃ち」は文字通り、半分くらいの硬さまで勃起している状態のこと。勃起はしていますが角度や硬度が十分ではないため、完全な臨戦態勢ではありません。「中折れ」は、セックスの途中で勃起したちん〇がしぼんでしまうこと。
実はどちらも、医学的にはEDと呼ばれる状態なんだとか……!

とはいえこちら、疲れやストレス、飲酒や不規則な生活などが原因で一時的に起こることもよくあります。これらがヒントになりそうなのでは……?

 

勃起の神秘について考察してみた

 


人体的には、実現可能かどうか正直怪しいところのある二段勃起。しかし、頑張ればそのメカニズムについて考察できるのではないでしょうか……? 一縷の望みにかけて、BLドリーム「二段勃起」の可能性を探っていきましょう。

(1)攻めが半勃ちの状態で挿入したが、受けの可愛さにあてられて完勃ちし角度・硬度が変わった

例えばお酒をたくさん飲んで、疲れマラで……勢いでそういう雰囲気に持ち込めたはいいものの、攻めの体調が万全ではありません。なんとか半勃ちにして挿入したら、受けの仕草や表情があまりにもきゅんすぎえちえち! それに触発されて攻めも開眼! 半勃ちのため十分ではなかった角度・硬度が、瞬く間に成長してしまった……。

この一連の流れを、受けが「勃起したち〇こがさらに大きくなった」と勘違い(?)した説は考えられるのではないでしょうか。

(2)刺激に慣れて少ししぼんだところで、受けによる性的刺激・興奮を受けて再勃起した(2回目以降有効)

二回目以降のおせっせは、いくら絶倫王子であろうとも多少疲れが響いてくるもの。疲れとともに持続力は低下していき、勃起しても強い刺激がなければすぐしぼんでしまうことも十分考えられます。しかし、逆に言えば"強い刺激"があれば復活するのではないでしょうか……?

羞恥と快感に赤らんだ顔やトロトロのナカ、殺し文句……とにかくなんでもいいのです、攻めの性的興奮にダイレクトアタックできる必殺技をお見舞いしましょう。さすれば道は開かれん。


ちょっと答えに近づいた気がしなくもないのでは……? と言いたいところですが、BL界での二段勃起は「フル勃起したち〇こがさらに大きくなった」という現象なんですよね……。
ガチガチに勃起できることが前提なのですが、こちらの考察では攻めがどこか頼りなく感じてしまいます。ヘタレ攻め大好物の筆者にはごちそうなのですが、すべての攻めに不名誉な称号を与えるのは心苦しい……!

ということで、違う角度からの考察です。

(3)攻めが大きくなったのではなく受けが締めた

そのままです。「攻めが二段勃起をした」のではなく「受けが興奮でお尻を締めた」という説です。なにやらありそうですが、これでは「おっきくなったぁッ……♥」という言葉が説明できません。プラシーボ効果というやつでしょうか……(?)

(4)攻めが愛しい受けを抱き寄せ、その際により深く挿入った

攻めが行為中、愛しの受けをこの手に……! という情熱からギュッと抱き寄せます。その際に挿入の角度や深度が変わり、大きくなったように感じたのではないかというのがこの説。
実際に大きくはなっていないけれど、一番平和的な考察です。

*******

ということでやはり、二段勃起はBL特有の現象説が強まる調査結果となりました。少し切ない気持ちにはなりますが、工夫すれば現実でも再現は可能! 希望を捨てずに日々生きていきたいと思います(?)

皆様も「BLのこれって本当にあるの?」「この現象ってどうやって起こっているの?」など気になるBLあるあるがありましたら、ぜひコメント欄で教えてください~!

担当記者:たまち
あほえろと鬱を交互に摂取してバランスの良い生活を送っています

 

 

コメント4

投稿順 | 最新順

匿名4番さん(1/1)

ち○この話題、好きだな―。

匿名3番さん(1/1)

BLはファンタジーだと覚えておきましょう!

匿名2番さん(1/1)

もしもそういうことがあるとすれば、女性にも経験者はいそうです。あとそれ男性向けのエロ漫画でも、普通にあるような。

匿名1番さん(1/1)

絶対勃起命令!というパワワードに吹き出してしまいました。作品タイトルにありそげな雰囲気がさすがです。

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP