BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

“男の穴も濡れる”ってマ??謎の汁「腸液」の正体に迫るッ!

2021/10/16 16:00

やおい穴、あながちファンタジーじゃない説



大ニュースがあるので聞いてください。先っぽだけでいいから!
皆さん、「男の尻は濡れない」って思っていませんか?

筆者もつい先日までそう思っていたんです。深夜のTwitterサーフィンである物質と出会うまでは……。

その物質の名前こそ、男の尻を濡らす「腸液」

これはBL界の男尻穴研究史において革命的な発見ですよ!(筆者が知らなかっただけ説も濃厚)

果たして「腸液」とは一体何なのか……その液体でナカが濡れているならもしかしてローションなしでのセックスは可能なのか!?

BL界のセックス様式が様変わりするかもしれない。
そう思うと夜しか眠れなくなったので、今回は「男同士でも腸液を使えばローションなしでセックスできる説」を検証していきます!

◆目次◆
1.そもそも「腸液」って何?

2.で、男の尻は濡れるの? どうなの??

3.検証:ローション無しでもセックスは出来るのか




そもそも「腸液」って何?



まずは腸液の正体を暴いていきましょう!
初めに概要を言いますと、腸液は名前の通り腸から分泌される分泌液の総称で、私たちの消化を助ける役割を担っています。

腸液には十二指腸や小腸、大腸の壁からの分泌液、そしてすい臓から分泌されるすい液、肝臓から分泌される胆汁も含まれます。

腸液は総じてアルカリ性ですが、分泌される場所によって色や役割が異なります。例えば十二指腸から分泌される腸液は透明な黄色で、小腸から分泌される腸液は細胞の破片を含んでいるので不透明なんだとか。

そして1日で約1500~3000ml分泌されるそう! 多い、の、かな!(ド文系すぎてよく分からない) コンビニで売ってる飲料が通常500mlなのであれ3本分。結構出てる。ちなみに胆汁だけで1日1000ml分泌されるらしいです。結構出てる。

そんな腸液の役割は分泌される場所によって大きく異なってきます。十二指腸・小腸から分泌される腸液は、胃から来た物質を中和することで腸壁を保護する役割を担っています。また、大腸から分泌される腸液も同じくアルカリ性ではあるものの、主な役割は流れてきた物質をスムーズに移動させることだそう。

そして、すい液は上記の腸液とは違いすい液自体に消化酵素が含まれているため、食べ物の成分の大部分を分解する役割を担っています。胆汁に含まれる胆汁酸という物質は脂肪を消化しやすくする役割を担っています。


で、男の尻は濡れるの? どうなの??



ふぅ~、ドドド文系なりに頑張って説明したぞ、ちゃんちゃん。
……としたいところですが、全くもって本題に触れられていないという悲しい事実!!

ここまで説明してきたのは、腸液とは何か、そして腸液の「消化」に関係する役割だけ。我々BLファンにとって大事なのはここからです。そんな腸液で尻が濡れるのかどうなのか。

結論から申し上げますと、濡れます
そう、お尻って濡れるんです。

なぜ濡れるのか。それはBL界で言うナカ、つまり肛門から直腸の中に外部から異物が入ると、異物が腸壁を傷つけないよう保護するために前述の腸液が分泌されるからなんだそう。

ということは、攻めの指やらナニやら大人のオモチャやらを受けの尻に突っ込めば、腸液が分泌されるということです。保護(まも)るために濡らしてしまうなんてエッチなんだ……(?)


検証:ローション無しでもセックスできるのか



さて、尻は濡れるということが判明しました!
ということは、常々存在を疑われてきた「やおい穴」って(濡れるという面では)もしかして現実……?
(やおい穴が分からない方はこちらの記事をどうぞ!)

やおい穴の名誉を挽回できるかも! そう心を躍らせた筆者が次に注目したのは、「腸液さえあれば、ローション無しでセックスは出来るのか」問題。
やおい穴たるもの、勝手に濡れて攻めのナニをスルスルと受け入れなければ失格です。

そこで、腸液がローションの代わりになるのかについて考察してみることに。まずはローションの役割についておさらいしておきましょう。

なぜアナルセックスにローションが必要なのかと言うと、アナルが摩擦に弱いから。アナルはあくまで本来は排泄のための器官なので、摩擦による強い刺激を与えてしまうと痛めてしまいます。ローションを使うことで、摩擦によわよわなアナルを守ってあげることが出来るんですね!

つまり、腸液がローションの代わりになるには粘性と潤滑性が必要になります。さて、腸液はネバネバでヌルッヌルなのでしょうか?







結論……NOです。腸液は粘性はあるものの、ローション代わりにするには不十分なんだとか。さらに先ほどから何度か申し上げてきた通り、腸液はアルカリ性。アルカリ性の液体は、その強さによっては肌を痛めてしまいます(ちなみに体外に排出された腸液が肛門に付着すると、かぶれることもあるそうです)

つまりコンドームを装着せずに生ハメしてしまうと、受けから分泌された腸液が触れて、攻めのちんちんがぺいんぺいんになってしまうかもしれないのです!ということは、やっぱりやおい穴はファンタジーと言うことですね。シクシク。う〜ん、残念! 全国の攻め君、くれぐれも「君のお尻、腸液で濡れてるらしいね……このまま挿れていいカナ?(^_^;)などと言わないように。即フられますよ。

ここまで腸液について深く調べてきましたが、結果として安全なセックスにはコンドームとローションが必要という従来のセックス様式が覆ることはありませんでした。ちゃんと使いましょうね。


ですが、ここで諦めては男の尻穴研究家としての名が廃ってしまう……! 濡れてることは分かったし! 
今後も、腸液では歯が立たなかった「やおい穴、あながちファンタジーじゃない説」を立証するべく、他の証拠体液を探していきます!

いざ行かん、やおい穴の明るい未来へ!


*****


ここまで、腸液についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
正直実生活には全然役に立たないと思われる知識ですが、BLにおいては少し役立つ知識かもしれません!(多分)


担当記者:呉莉みよた
クズ攻め・ビッチ受け・共依存が大好きな闇の腐女子。怯える顔と悔しそうな顔が大好物で、見かけるとページ数をメモする習性がある。

 

 

関連外部サイト

コメント6

投稿順 | 最新順

匿名4番さん(2/2)

>匿名5番さん
ありがとうございました。理解しました。

匿名5番さん(1/1)

pain pain

匿名4番さん(1/2)

前から男の尻ってローション無しでそんなに濡れるの?と思ってたので(漫画見るとめっちゃ濡れてグチョグチョになってる描写ある)よくぞ書いてくれました!
腸液だったとは。
とはいえ、それだけでは不十分で、やはりローションは不可欠という結果には納得。
よく唾液や精液を塗りつけるのも見ますけど、あれも不十分ってことですよね多分。
すみませんが無知な私に誰か、ぺいんぺいんをもう少し分かるように教えて下さい(汗)。

匿名3番さん(1/1)

便秘をこじらせた末の排泄で、肛門が焼けつくようにヒリヒリする(痔ではなくて)謎が、ここで解明されるとは……。

匿名2番さん(1/1)

お腹壊した時、ヒリヒリするのはそのせいだったのですね…
何れにせよコンドームは必ずお忘れなくということで

匿名1番さん(1/1)

ほとんど大スカ的な記事ですね。
腸液、当然女性も出てますよ。う◯ちする時にね。
拭く時、別に下痢じゃなくても水っぽい感覚がする時あるでしょ?アレですよ。

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP