BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

中国オタク界で話題の「美強惨」#とは めちゃアツだったので解説させてほしい

2021/08/07 12:00

中国で最近人気の男は「美強惨」←流行語大賞候補



突然ですが皆さん! 「美強惨」という単語をご存じですか? 筆者はTwitterでで知ったのですが、軽く158463179回くらい「いいね」ボタンを押すレベルでわかりみの強い概念でしたので、この場を借りてご紹介したいと思います!

「美強惨」とは、中国オタク界で近年人気の男性キャラクターを表す属性のようなもので、その意味は読んで字のごとく。


「美」しくて
「強」くて
「惨」


「美しくて強くてかわいそう……だと……? 何それめっちゃ好きなやつ!」そう思った方は筆者と握手! 美強惨……本当にいい言葉ですね……(ニッコリ)。

「美強惨」と聞いて筆者がまず思い浮かべたのは、大人気中華BLファンタジー魔道祖師でした。


「いやもう説明いらんでしょ!」な超話題作。登場キャラの「美強惨」っぷりを語ればあっという間に日が暮れそうです(笑)。
本作の受け・魏無羨(ウェイ・ウーシェン)はまさに「美強惨」の代表的キャラクター。やんちゃな彼が背負った重すぎる宿命、つらい過去……。「かわいそかわいい」を体現する男性キャラと言えるでしょう。
さらに、攻めの藍忘機(ラン・ワンジー)、サブキャラの江澄(ジャン・チョン)といったキャラクターも「美強惨」にあてはまるから『魔道祖師』はすごい。著者・墨香銅臭先生の強い意志を感じました。

精神的な強さがイイ!最新BLから見る日本的「美強惨」キャラ

 
中国オタク界でトレンドの「美強惨」。日本の商業BL作品にもあてはまるキャラクターがたくさんいるはず! ということで、ここ数年の作品から筆者がピンときたものをいくつかピックアップしてみました。
肉体面・能力面での強さというよりは、何かを成し遂げようとする信念や誰かを思う気持ちの強さ……いわゆる精神的な強さを特徴とするキャラが日本の商業BLには多い気がしますね~!

 

絶世の儚げ美青年の前世は高身長ガタイいい受け

背中を預けるには 1』著者:小綱実波/イラスト:一夜人見 

 

 

あらすじ
かつて身をていして国を守った騎士・イオニアは、天使のように美しい辺境伯の四男・レオリーノに生まれ変わる。レオリーノは夢の中で、イオニアの人生をたどり、身分差から想いを封じた王弟・グラヴィスへの思慕を思い出す。さらに敵国の内通者によって殺された記憶までよみがえり、慰霊祭の日に裏切り者と対峙するが、逆に拘束されてしまう。命の危機にひんしたレオリーノが、「ヴィー!」と助けを求めると、イオニアを喪って以来、すっかり厭世的になっていたかつての親友であり将軍・グラヴィスが現れ――!?

 
『魔道祖師』の次に筆者が思い浮かべた作品がこちら! 詳細はアンリ54世記者の記事をご覧いただければと思いますが、超ド級の美しさと不憫さ、そして色々な意味での強さを兼ね備えた受け・レオリーノから目が離せません。
周囲の人間を狂わせるほどの美しさ、その美貌が引き起こすトラブル……。そこに、イオニアという騎士(めちゃくちゃ強い)の記憶を持つという数奇な運命が交わって「まだ苦しむの!? もうやめてあげて……!」と何度心の中で叫んだことか……。
肉体的な強さを誇る前世、精神的な強さで困難を乗り越えようとする現世……。最新BL小説界の「美強惨」がここに!


つよつよとモフモフの合わせ技!!

WOLF PACK作:ビリー・バリバリー

 

 

あらすじ
オオカミ部族の長×長、結婚。
屈強なもふもふが恋をする、至高の人外BL
そこは、狼が統べる極北の地。谷の長・ガルムは、ある事情から、しきたりに従い湖の長・ハテイと番の契りを結ぶ。
率直でタフなガルムと、生真面目で純粋なハテイ。
長として、オスとしての矜持を尊重し合うが、初めはどこか噛み合わない2人。
しかし、互いの生き様に触れ、深まる絆が、彼らを唯一無二の番にしていく――。

 
北欧神話でお馴染みのフェンリルを祖とする狼たちの物語です!
亡き妹の代わりに谷の長・ガルム(攻)のもとへ嫁ぐことになった湖の長・ハテイ。攻めのイメージカラーが黒、受けが白、しかも長髪CPと、何かなら何まで性癖ドンピシャすぎて筆者の脳内はもうお祭り騒ぎです(笑)。ともに一族を統べる長ということもあり、とにかく強いのも魅力的♥ 美しい狼の毛皮を狙う人間に襲われたり、一族を守るために自分の感情を犠牲にしたり……気高く強いハテイに心臓を捕まれっぱなしでした! そんなハテイを全力で守ろうとする攻め・ガルムの雄み、作中に登場するキュートな子ども狼にも注目です!


身も心もボロボロで…だからこそ美しい

赤のテアトル』作:緒川千世

 

 

あらすじ
パリのファッション界で、一躍名を馳せた女性靴ブランド・アバルキン。
その急成長の裏には、秘密があった。
それは淫らな肢体とむせ返るような色香で業界人を惑わす、美しき青年社長・ユーリの枕営業…。
そんな娼婦まがいのことを夜ごと繰り返すのも、すべては愛しい側近のゴーストデザイナー・アダムの夢を叶えるため。
彼を繋ぎとめられるなら、たとえ利用されていても構わないと気丈に身体を差し出すユーリだったが―――。

独占欲に葛藤するゴーストデザイナーと歪んだ愛を捧げる健気なミューズのめくるめく逆転主従ロマンス・ストーリー。

 

女性靴ブランドの若き経営者でありデザイナー、さらに広告塔もこなす受け・ユーリの痛々しさと美しさに圧倒される一作。
スーツを纏いピンヒールで颯爽と歩く耽美な姿に目を奪われ、側近・アダムと会社のために枕営業をこなしスキャンダルにも耐えるさまに心を搔き乱され……。そうまでしてもユーリの一途な想いはなかなか伝わらないどころか、当のアダムはズタボロ状態のユーリを平然と眺めていて……。あまりにも気の毒で不憫で、けれどある意味とても強い信念を持つユーリからどうしても目が離せません。
病み系とも闇系とも言える作品ですが、最後はハッピーエンドなのでご安心を……!


憎しみと生きるΩを光のαは救えるか

キスは番にひざまずく』作:エヌオカヨチ

 

 

あらすじ
「俺は番を作らない たとえ“運命"だとしても」
“運命の番"を夢見るαの伊織が出会った運命の相手――
それはΩ性を武器に学園のαを食い散らかす『α喰い』として有名な不良Ωのレオだった。
本能で惹かれた伊織は早速アタックしに行くものの、αを嫌うレオのフェロモンに挑発され意思とは裏腹にレオを抱き潰してしまう。
それでも諦めない伊織はひたむきな告白を続けるが…
運命の愛を信じる無垢で一途なαと愛を信じきれない業を背負った悲しきΩ――その感情は、恋か運命か本能か?
心揺さぶられる至高のカタルシス・ラブ

 
攻めの伊織を太陽属性の超絶ワンコとするなら、受けのレオは月属性の強気女王様。亡き親(Ω)が番のαに裏切られたという過去から、αを憎み続けてきたレオを思うと胸が張り裂けそうになります……。親と同じ運命を辿らないようにと頑なに伊織を拒絶するレオ、そしてどんなに拒まれようともひたむきにレオと向き合う伊織の姿に涙が止まりません(うっかり電車内で泣いた人)。
運命を信じるαと愛を信じられないΩ。家族、友情、番……人と人との間に築かれる強い結びつきを感じるストーリー構成と、美しくも本能的なセックスシーン……。オメガバース設定を存分にいかした秀作がここに!!



物理で強いキャラもお忘れなく!王道ど真ん中の「美強惨」はこれだ!!


精神的なタフさを特徴とする「美強惨」キャラが目立つ一方で、「とにかく強い! 誰にも負けねぇ!!」なキャラクターもちゃんと存在します。誰もが認める強さと美しさを兼ね備え、かつ不憫要素もモリモリ! 王道「美強惨」を楽しめる3作品がコチラでございます。

戦場×主従×すれ違い=最強の萌え

百日の薔薇作:稲荷家房之介

 

 

あらすじ
敵国の軍人同士でありながら主従の契りで結ばれたふたり。
一国の命運を担う気高く美しい指令官、タキ・レイゼン。
彼に忠誠を誓う騎士であり気性の荒さから『狂犬』と呼ばれるクラウス。
だが、ふたりを見る周囲の目はさまざまな危惧や心配から冷ややかだった。
純粋に想いあいながらも戦況の激しさに伴い過酷になる恋の行方は-!?

 
「敵国の軍人同士でありながら主従関係……何ておいしい設定……」と思って読んでみたら、度肝を抜かれます。国の命運を背負って戦う師団長・タキ(受)の強さはもちろんなのですが、タキに忠誠を誓ったクラウス(攻)を想いつつも、特殊な立場上それを言葉にも態度にも表すことができず、ただただクラウスに抱かれ傷つくさまがつらすぎる……(でも萌える)。
すれ違いを極めるふたりの関係性、超本格的な戦闘シーンなど見どころ満載の本作。長期の休載を経て9月に新刊が発売されますので、この機会にぜひ……!


重いとかそういうレベルじゃないんよ…

みずのいろ。』作:槇えびし

 

 

あらすじ
生と死が隣り合わせの街「天国」。
記憶のない少年・礼夏は、全身傷だらけの殺し屋・世都とこの街で暮らしている。
彼はいつも礼夏に赤い服を着せ、とても優しく、ふとした瞬間泣きそうに笑う。
それはいつも礼夏を不安にさせた。
けれどある日、世都の過去を知る男・ロマネが現れてからいつもの日常は変化して……

 
犯罪が蔓延る無法地帯「天国」を舞台にした、贖罪と救済の物語。……なのですが! 繊細な表紙からは想像もできないぐらいにヘビーなストーリーで、読後に表紙イラストとタイトルの意味を悟って「ぐぁぁ……」と唸ってしまう一冊です。
全身傷だらけのセツ(受)と、セツに引き取られて育った記憶喪失の少年・礼夏(リーシア)、そしてセツの重い過去を知るロマネ。子連れの殺し屋として一目置かれているセツの過去がとにかくつらい上、主要キャラ3人が思い描く「幸せ」と「愛」が苦しいほどに交わりません……。
トータル300ページ弱、制作期間なんと10年……! この重み、ぜひ味わっていただきたい!


攻めの極悪非道ぶりで際立つ受けの美しさ

狐の嫁取り』作:東野海

 

 

あらすじ
狐の里の長・ヒノエは九尾を目指す八尾の狐。
異国から来た極悪非道の九尾・カヨウに見初められ、里を滅ぼされてしまう!
妻の亡骸の前で犯され、無理矢理妻にされてしまったヒノエは拒みながらも快楽に抗えずに…!?
描き下ろしは出産後の家族生活!

 
「わあ! めちゃくちゃ好みの色素薄い系長髪美人♥」と、あらすじ未読で表紙買いした作品なのですが、読んでびっくり! 開幕早々、受け・ヒノエがかなりヒドいめに遭っています……。自身が統べる里を異国から来た九尾の狐・カヨウ(攻)に滅ぼされ、愛する妻も殺され……。そのうえ、妻の亡骸の前で犯され、強引にカヨウの「妻」にさせられるなんて……。「鬼の所業! いや、狐だけど……!」と攻めの極悪ぶりに絶望しつつも、カヨウに辱められたヒノエがカラダから堕ちていく様子の背徳的な美しさに息を呑んでしまいました。
和風人外ファンタジーの名手・東野海先生が描く世界観に圧倒される一冊です!


* * * * *

皆さんは「美強惨」と聞いてどんな作品を思い浮かべましたか? ぜひイチオシの作品をコメント欄で教えてください……! また、意図せず受けキャラメインになってしまったので、ぜひ「美強惨」な攻めが登場する作品もあれば教えていただきたいです~!!

「美強惨」に対抗しうる新概念が生まれましたら、またお知らせしたいと思います♪

担当BLソムリエ:白米盛子
拗らせ気味な古の腐女子。色素の薄いロン毛受が好物。夜明けも黄昏も嗜むが、よく心が折れる。

関連作家・声優

コメント3

投稿順 | 最新順

匿名4番さん(1/1)

まあ、百日の薔薇の新刊、出ないんですけどね(発売未定に変更されてます)

匿名2番さん(1/1)

中華BL女子の間で話題になってたんですが同じく中華アプリの陰陽師。帝釈天と阿修羅のイベントストーリーも見て
中華BL「魔道祖師」「転換至福」好きな人絶対好きなはず。まさに美強惨のブロマンスBL。エモいんで!
お互い運命の相手だと思いながら地獄のような救いようのない展開になっていくんだけど、関係性がすっっっごく切ない。読んだ人泣いたって言ってた。私も最終話情緒おかしくなって嗚咽しながら読んでました。しばらく悲しさと切なさと残酷さと優しさと美しさと感動と萌えに押しつぶされそうになってしんどかった

帝釈天の声を神谷さんが演じてるんだけど、彼の持つ二面性を色っぽく美しく演じ切っててこれがまた素晴らしいんです。古代の中国を舞台に、緻密につくりこまれた世界観やストーリーやキャラの関係性。幻想的な音楽や映像。魅力的なキャラ。BL抜きにしてもかなりすごい
「あなたは私にとっての奇跡。あなたを英雄にするためなら命を懸けてもいい。」みたなセリフをさらっと言わせて地獄に落としていくんだけど…中華blやばいなと

公式からはもう読めないけど、youtubeでCG動画見えるし、ファンの人がイベントストーリー全話アップしてくれてるんでyoutubeで無料で読める。ゲーム知らなくても、新規キャラ二人が主役の話なんでわかるかなと。既存キャラは安倍清明とお付きのキャラぐらいだし。
最終話はイベントストーリーしかないけど、とっても素晴らしいのでみてほしい。

匿名1番さん(1/1)

魔道祖師、百日の薔薇、ものすごい萌えの詰まった作品で大好きです!
百日の薔薇の新刊が楽しみすぎます!

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP