BL情報サイト ちるちる

BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

書店でBLを買うのが恥ずかしい!? 恥ずかしくないBLの買い方を書店員からアドバイス!

2018/04/15 14:41

2020/08/16 13:00

「表紙や帯で買うのがためらわれる」そんなあなたに!

 


表紙や帯がかなり過激な作品って、BLでもありますよね。とっても読みたいのに、裸が目立つから買いにくい……という経験をしたことも皆様あるのではないでしょうか?

今回は書店員を長年勤めていた筆者が、なるべく恥ずかしくないBLの買い方をレクチャーしたいと思います。個人的経験ですので、参考程度に読んで下さると幸いです。


バーコードの面(裏側にして)でレジに出す


 

同時に「そのまま袋に入れるだけで大丈夫です」等、声を掛けると効果バツグンです! 書店員はバーコードを通し、そのまま袋に入れるだけになりますので、ほとんど表紙もタイトルも帯も見ることはなくなります。
お会計もスムーズなので、一石二鳥ですね。

筆者はレジでお客様にそうしていただければ表紙やタイトルをみることはほとんどしません。BLに近いところで例を挙げれば官能小説でしょうか。官能小説をお買い上げされる方もそのようにするといいかもしれません。

 

ブックカバーを掛けてもらわない


 

家で保存する際に、家族にタイトルや表紙を見られたくないからと「すべてカバーを掛けて下さい」という方は多いかと思います。しかし、それをする事によって、まずビニール(シュリンク)を破き、サイズのあったカバーを出すために書籍を確認して……とレジ内で作品を見ることになります。
外でBLコミックスを読む……なんてことはあまりないシチュエーションだと思います。保存の際にカバーを掛けていたいという方は「カバーを袋に入れておいて下さい」と声を掛けるだけでブックカバーは大体の書店でもらえますのでぜひ活用してみてください。

ブックカバーを掛けないというだけで、本当に、書籍と接している時間が短くなります。

また、最近ではレジ袋有料化により、店員が袋に入れる時間すらもカットできたりします。その際は、BL本をさくっと収納するためのマイバック空き容量を作っておくことをお忘れなく!

 

恥ずかしがらずに堂々とする



これも重要です。やりとりが上手くできないと、お客様の返答を聞き返したり等して、滞在時間が長くなってしまいます。
また、堂々とすることによって、恥ずかしいことをしているわけではないとアピールすることが出来ますし、恥ずかしがっていると書店員も人間なので気になってタイトルを見たりしてしまうことも……。

恥ずかしそうにお会計されている方を見ると経験上「BLかな……」と勘ぐってしまいます。

 

一般書籍と同時に会計する


月に1回、給料日に書店へ出向きまとめ買いをするという方もたくさんいらっしゃるかと思います。そんな方は一般書籍を何冊か混ぜてサンドすると紛れ込んでいるBLに気付かれないかもしれません。

実際、サンドされていると一瞬パッと見ただけでは「BLだ」とならないので自然とそのままレジに通すことが多いです。


領収書を貰う

こちらは上級者向けテクニック①です。
どうしても恥ずかしさを緩和したい方や、絶対に腐バレしたくない知り合いにBL購入を目撃されたときなどに使える最終奥義です。
一切の動揺を見せず、クールに「領収書お願いします」と言い切りましょう! (書店によっては宛名を空欄にできない場合もあるのでそちらはご注意を)
店員側も、領収書作成は全く手間にはならないので、いざというときはこちらのテクをご利用ください!


プレゼントを装う


こちらが上級者テク②になります。

何らかの事情で、買った本を完全に隠して持ち運びたい! というときに使えるのが、このプレゼント包装にしてもらう作戦です。
しかし梱包の関係上、店員にはばっちり表紙などを見られてしまいますので、店員以外の目から腐をごまかしたいときに使える番外編の技になります。
また、恥ずかしさ緩和目的でなくとも、ちょっとした特別な日や、大好きな先生の新刊など、自分へのご褒美をかねて包んで貰うというのも素敵ですね!
ただこちらの方法はそれなりに時間がかかるものになりますので、お時間に余裕のある際にお試しください!

***

最後に
正直な話、書店員はBLに慣れています! 毎日新刊を並べたり、パッキングをしているのは書店員ですので、あまり気にする必要はないかと思います。(書店員には腐女子やオタクの方が多いので、BLに理解がある方が多いと思われます)

 

筆者の勤めていた書店では毎週月曜日に週刊少年ジャ○プを同じ時間に買っていく常連の女性が……。お仲間かな、と勘ぐっていたある日、同時にBLコミックスをお買い上げになったので思わず「この先生いいですよね!」と話しかけそうになってしまいました。

 

書店ではお客様のプライベートを詮索することはしませんが、お客様から話しかけて頂くと話は別です。身につけている物で「このゲーム好きなんですか?」や「そのコミックス好きなんですか?」と話しかけて頂いた事もあります。その場で盛り上がり、オススメのコミックスを紹介できたりしてとても楽しいです。是非、缶バッチやボールペンなどで主張している書店員がいたらお声を掛けてやって下さい……(笑)

 

ただ、書店員が男性だったり、自分の趣味嗜好が対面で知られるのが恥ずかしいという事はあると思いますので、こちらの記事を参考にしていただけたら幸いです。

皆様楽しいBLライフを送りましょう!

コメント33

投稿順 | 最新順

匿名10番さん(2/2)

小説作品の表紙絵は読んでる最中に、外見的なイメージキャラクターを想定する上で大変重要なものだと思います。
でも・・・最近の笠井先生の表紙絵は少し迫力に欠けてる気がします。
誰からもドン引きされるくらいの個性的な表紙絵を書いてこその、我らが笠井先生です。
笠井先生の絵が大好きなので気合を入れてレジまで持って行きます。

匿名29番さん(1/1)

友人が「普段会計を円滑に進めてもらう為に書籍を買うときはバーコード面を上にして出すけど、BL漫画は『恥ずかしがってる』と思われたら逆に恥ずかしいから表紙を上にして出す」と言っていたのを思い出した。

匿名28番さん(1/1)

普段は特に一般書店でも買うの気にならないけど以前ヤリチン☆ビッチ部のDVDを予約した時に、女性店員さんが確認しなきゃいけないからタイトルをごにょごにょ言っててごめんって思いました。

匿名27番さん(1/1)

以前凪良ゆう先生の既刊を近所の書店で何冊か取り寄せしていたことがありました。
その際に出版社がエロ系メインだったので、書店員さんたちが在庫確認のため出版社名を連呼しているのを聞いて、レジ前でちょっといたたまれない気持ちになってました。
BL出版社って官能小説を多く出していることで知られたところなんですよねえ。
たぶん何回か取り寄せしたので書店員さんたちに顔も覚えられていたと思います。
その後凪良先生が一般書籍で本屋大賞を取られたので、先見の明があったでしょう?と今は普通に他のBL本も書店で買ってます。

匿名26番さん(1/1)

売られてる物を買ってるだけで、別に悪いことしてる訳じゃないんだから堂々と買えばいい。

匿名25番さん(1/1)

プレゼントを装うwwwww

匿名24番さん(1/1)

書店で買う時は「領収書をお願いします」って言って仕事のために買っているふうを装ってます。

匿名23番さん(1/1)

匿名7番さんわかります!!
せっかくバーコードの面にして出しているのに、お会計にポイントに…そんな作業の間わざわざ裏返して表紙どーーーーん!!と長時間の羞恥プレイ。泣きたくなります。

匿名22番さん(1/1)

元書店員です。地方の大きめな本屋で働いていました。
10代~60代のレジ担当が何人もいましたが、皆さんBL本に対してほとんど何の感情ももっていなかったですね。
男性のコミック担当は一番売れているジャンルだから有難いとは言っていましたが。
私はBL好きだったので気になる表紙のものは後でチェックするようにしていたくらいで…。
お客さまも大体堂々としているというかあからさまにドキドキしていそうな人も見た記憶がありません。
強いて気になるといえばもうこういうの読むんだ?と思う幼げな少年少女が際どい表紙のBL本をレジに持ってきたくらいですかね。

匿名21番さん(1/1)

私も表紙を裏にしたりと色々苦労しましたが、今はセルフレジなので解決です。
セルフレジ、どんどん増えてきてありがたいですね。

匿名20番さん(1/1)

恥ずかしくない!といえば嘘になるけど、
BLよりすごい本をレジに持っていく人いるだろうし・・・と開き直ってます(笑)
自分が思っている程店員さんはなんとも思ってないような気もしますが。

匿名19番さん(1/1)

いろいろな意見があって面白いですね。一般書店に置かれなくなると困るので、なるべく書店で購入するようにしています。店に置いてるんだから買ってよし、と気持ちを強くしてレジにささっと持っていきます。というか、もはや肌色多めのものに対しての恥じらいは薄れている気がします。最近は、書店で買った後のこと→自宅の肌色書棚について、自分になにかあったときの遺品整理に思いを馳せてしまいます…。(家族驚くかしらん…)

匿名18番さん(1/1)

私は一般書店で(BLを割と多く取り扱ってくれてる)、BLコーナーだけ平積みの棚が崩れてたり、表紙が斜めになってたりするのをキレイに美しく整えています。書店員でもないのに!街の本屋さんでもBL売れて欲しいと願いを込めて。取り扱い減っちゃうと困るのよー、私が。

匿名17番さん(1/1)

前は抵抗ありましたが、アニメイトさんの本店ってもうその階ほぼ全部BLって感じなので「ここにいる人みんな同じ趣味なのか……!」ってなってそこでなら買えるように。ただ普段オンラインで購入する事が多いので、時々地元付近のアニメイトさんに買いに行くとそのコーナーにいるだけで恥ずかしくなったり…笑 やっぱり本店強し。
ただバーコード側を出すという発想がなかったので、なるほどそういう手もあるのか、と。
ただ何冊もあると本当に重くて持って帰るので一苦労なのでやっぱりオンラインを重宝してます…。笑
たまにメールで問い合わせする時にタイトルがモロだと恥ずかしいから書店で聞くまでの勇気絶対出ない…。そこまで開き直れるように…。慣れかな?笑

匿名16番さん(1/1)

こういう書店員さんの記事はありがたいです!
理解ある方は居るだろうとは思ってましたが中々ふつう(と言っては語弊があるかもしれませんが)の書店では買えませんからね。
でもアニメイトさんだったら臆することなくカゴいっぱいのアレやコレを持って行けますがレジが男性だったら何かごめんってなります(笑)
最近セルフレジの書店があるのでそれを活用させてもらってますね!
多分店員さんにはバレてると思いますが(笑)

匿名15番さん(1/1)

コメント欄が面白いww
開き直って買うしかないですよねー。
本当にAmazo○様様ですね!!
あの恥ずかしい思いをしなくてすむので、ネットでガンガン買ってしまい、その分出費が。。です(^^;

匿名14番さん(1/1)

今は電子書籍か通販限定でしか買わなくなったけど
書店で買ってた時はファッション誌とか別の本と一緒に買ってたなぁ

匿名13番さん(1/1)

笠井あゆみ先生挿絵の累る?だったかなを持って行って当然表紙の受けちゃん裸なんです。
仕方ないのでバーコードを上にして袋もいりませんって言ったのに、うっかりひっくり返しちゃった若い男の店員さんが二度見してていたたまれなかったww
自分はマスクしてたからまだ良かった...。

匿名12番さん(1/1)

普通にレジに持って行くのは恥ずかしくなくなってきたけど、
全プレに二口応募したくて同じ雑誌を持っていったら
「同じものが二点になってますがよろしかったでしょうか?」
「袋お分けしますか?」
と焦った口調で心底心配そうな表情で言われたときはなんか恥ずかしかった。
そんなに珍しいことなのかな。。。

匿名11番さま

ふっふっふ…
猛者と呼んでくだされ(笑

電子書籍の表紙がどうなっているか分からなくて申し訳ないのですが、紙媒体ですと「愛執×処女オークション」という文句が書かれた黒い部分が帯です。
そっか、電子書籍だと帯の下にあたるイラストは見れないっていうことなんですかね?

ギリギリ、隠れてますよね、下半身。
服は肌蹴てますし、色々アウトな描写もありますけどね…

匿名11番さん(1/1)

今日、電書ストアからの新刊案内に「春淫狩り」がありました。イラスト笠井あゆみ先生です。
これをレジに・・・勇者だ!と思いましたよ、ポッチさま。
あの下の方の黒い部分が帯なのですね。電書だと帯の下を見ることはできないのだろうか?

匿名10番さん(1/2)

表紙絵が笠井あゆみ先生の本なら、レジに持って行くことが出来ただけでも勇者かと。

匿名9番さん(1/1)

ほぼアニメイトとか専門のショップでしか買わないので、お客さんも似たような人ばかりです。なので、レジは恥ずかしくはないのですが、その系統のお店だとしても、予約する時にタイトルを言うのは恥かしい時はあります・・・。

予約した方が作家さんに増刷などの面で有利な事があるとはいえ、こればっかりはごめんなさい。タイトルを言うのははずかしいし、本が選べないので極力予約しないようにしています。

匿名8番さん(1/1)

私の最寄りの書店は、予約商品の受け取りは、店員さんが「OO(タイトル)でよろしいですか?」と口頭で言ったうえにレジ台で商品を立てて確認をするので、周囲の人に丸見え&聞こえる状態になります。平静を装っていますが内心では恥ずかしいので、「できるだけ予約はしないこと」を心がけています。普通に買う分にはささっとレジ通してくれるんですけどね。

最近、高月紅葉さんの『春淫狩り ―パブリックスクールの獣―』を、アニメイトさん(ネットじゃなくてリアル書店)で購入しました。アニメイトさんで購入するといただける特典が欲しかったんです。

一応自己弁護しますと、帯がいい感じでイラストの下半身をカバーしてくれてたんで「いける!」と思ったんですよね…。で、レジでこの本を出した時、なんか自分の中の殻を破った気がしました…。この本がレジで買えたら、どんな本でもいける気がする、みたいな。

私が「攻めてる表紙」の本をリアル書店で買うときに気を付けるのは「すいてる時間帯に行く」。これだけです。
レジ待ちって、並ぶときはすごく並びますし、しかもレジでお会計しているときに後ろに他のお客さんがずらっと並んでますもんね。見えてないかもしれないけど、でも恥ずかしいので。お店の方は免疫もありそうだし、仕事ですから気にしませんが、ほかのお客さんは違うかなと思うので。さっと出して、さっと買う。って感じが理想です。

ちなみに、最近は裏表紙も意外とエロ度の高い作品て多い気がします。表紙も裏表紙もアウト!みたいな。バーコード面を上にして、と思ったら、あらこちらも?みたいな経験はたびたびありますよ~。

匿名7番さん(1/1)

バーコード通してからわざわざ表にして会計すすめる人いるんだけど、本当困る。平気だけど、後ろの知らない人まで見えるように置く必要ないでしょわざわざと思う。

匿名6番さん(1/1)

もはや開き直るしかないと思ってレジへ行ってます。店員さんの顔あんま見れないですけど。

匿名1番さん(2/2)

あ、レジはしれっと行けますけど、本によっては店員さんに在庫の確認を頼むのを避けることがあるという事です。
カバーは断りますね。以前いただいた物で使いまわしていますから。

匿名5番さん(1/1)

過去に書店で働いていましたが(レジ打ちメインではなく営業で、レジが忙しい時に店頭に出るという形でしたが)、BLの本を買って行かれる方の顔は覚えていました。特別丁寧にサッと袋に入れレジ打ちしましたね。
他の同僚はBLには興味はなかったようですが仕入れ在庫管理していましたし、BLのノベルスは男性のしかも社長の息子さんがされていました。
過激な表紙の雑誌なども多くありましたが、社長、事務、営業、レジでの問題になっていたのは「男性向けの成人雑誌」の事ばかりで、BL関連は話題に上がった事はありませんでした。
逆に、「一般の本」に挟んで買う方をみかけると、「躊躇ってるんだな」って思っていたり。表情には勿論出しません。
意外と理解はあると思いますよ?

匿名4番さん(1/1)

BLに限らず、バーコード上に出してカバーはかけてもらわないかな。
コミックスも今、パッキングされてる店舗がほとんどなので
変に意識しないですっと出すと書店員さんもサーと処理してくれる感じ。
ただ、タイトルで探してもらう時はちょっとためらうかも。

匿名3番さん(1/1)

1回だけ本屋で肌色多めの表紙のblコミックスをレジに出したら、女子校生くらいのバイトの店員に
うわぁ、何買ってんのこいつ
みたいな反応をされたときがありました。
それ以降は、こっちとしては、売ってるものを買ってるだけだ、何が悪い、と逆に開き直れるようになりました。笑

匿名2番さん(1/1)

めんどくさくない?
もう「私腐女子なんで空気読んで対応してください」ってレジの人に言った方が手っ取り早そう。
あんま気にしてるとシワができそう。

匿名1番さん(1/2)

添えられたイラストが、味があって好きです。
発売日に行ってまだ店頭に無くてタイトルを言う時に躊躇する本とか表紙がババーンな本(笑)は、次の店に行くか帰ってからネット注文する時があります。ちょっと書店まで距離があるので。

アクセスランキング

最新BLニュース

オススメニュース

最新のコメント

PAGE TOP